軽商用EVバン・日産クリッパーEVを発表

日産は軽商用EVバン・日産クリッパーEVを、2月12日より発売すると発表しました。本モデルは、商用向け車両においても電気自動車(EV)の需要が高まっていることを受け、三菱自動車からOEM供給を受けた車両をベースに販売するモデルです。軽商用バンとして必要な荷室性能と積載量を確保しながらも、モーター駆動のEVならではの力強い走りで、重い荷物も軽快に運ぶことが可能となっています。また、走行時や起動・停車時の静粛性も高く、早朝や深夜をはじめ、住宅街で使用する際にも安心してお使いいただける、としています。

日産クリッパーEV

床下中央にバッテリーを搭載し低重心とすることで、軽商用バンに特有のゆすられ感や段差における跳ね感を低減し、乗り心地のよさと、操縦安定性を実現しています。航続距離は最大180km(WLTCモード)を確保しました。急速充電を使用すると80%まで約42分で充電が可能、普通充電では約7.5時間で満充電となるため、業務終了後などに家や職場で充電すると、翌日には満充電状態でお使いいただけます。
走行中の衝突回避を支援するインテリジェント エマージェンシーブレーキを始め、車線逸脱警報(LDW)、ハイビームアシスト、踏み間違い防止アシスト(前進のみ)など、多彩な安全装備を搭載し、いざという時の危険回避や傷害軽減をサポートします(全車サポカーSワイド対象)。

荷室は最大積載容量350㎏を確保し、ホイールハウスの出っ張りや後席を倒した際の段差をなくすことで、荷物の出し入れのしやすさなど、軽商用バンのニーズを満たす荷室となっています。
グレードは2シーター、4シーターの2バリエーションを用意、2シーターにはスライドドアガラスとリアクォ―ターガラスが両側共にパネル仕様となっているルートバンも設定しました。
エクステリアカラーは全グレードにホワイトソリッドを、4シーターにはホワイトソリッドとスターリングシルバーの2色を用意しました。

インテリアでは、デジタル表示のスピードメーターを採用し、インジケーターのサイズを大きくすることで視認性を高めています。センターコンソール部のスイッチ類は、一目でわかりやすいレイアウトにすることで操作性を高めています。また、Type AおよびType Cの充電用USBポートも設定しました*2。キーレスエントリーシステムについているプレ空調スターター機能を使用することで、急速充電中、もしくは普通充電中に、乗車前に車外から車内の空調機能をオンにすることができます。