進化型GRヤリスに「WRCドライバー監修特別仕様車」を新設定

TOYOTA GAZOO Racingは進化型GRヤリスをべースとした特別仕様車、GRヤリス RZ“High performance・Sébastien Ogier Edition(以下、オジエEdition)”およびGRヤリス RZ“High performance・Kalle Rovanperä Edition(以下、ロバンペラEdition)”を披露しました。全国のGR Garageを通じ、2024年春頃に抽選申込を開始し、それぞれ100台の台数限定で発売を予定しています。

オジエ選手はこれまで計8回ものドライバーズタイトルを獲得。ロバンペラ選手は2022・2023年連続でドライバーズタイトルを獲得。今回の特別仕様車は、そんな二人のドライバーが監修した特別なGRヤリスとなっています。
「ラリーの現場でクルマを鍛え、成長させてくれるドライバー、その機会を与えてくださるすべてのチーム、主催者を含む関係者の皆様、そして、ファンの皆様へ敬意と感謝を伝えたい」というモリゾウこと豊田会長の想いの下で開発したとされています。
両選手からのフィードバックを内外装変更や四駆制御に反映したことに加え、ご成約者様にはTGR-WRTに関する特別体験プログラムの提供を予定。WRCを共に盛り上げる仲間となっていただきたいと考えられています。

オジエEdition

ロバンペラEdition

オジエEditionに新開発の軽量ラリースポイラー(CFRP製)を、ロバンペラEditionにGRMNヤリスと同じリヤスポイラー(可変ウイング/CFRP製)をそれぞれ採用し、空力特性を改善しました。
オジエEditionに新たなマットカラー「マットステルスグレー」を、ロバンペラEditionに「三色塗装」をそれぞれ採用。「三色塗装」は、ロバンペラ選手が競技参戦時に使用するヘルメットのデザイナーによるデザインを採用。カッティングシートなどは使用せず、塗装のみで三色の塗り分けを実現しました。
WRCチャンピオン獲得を記念した「WRC優勝記念デカール」をフロントフェンダー左右に装着しました。
各選手の出身国の国旗の色に合わせ(オジエ選手 : フランス、ロバンペラ選手 : フィンランド)、ステアリングホイールのステッチ色をそれぞれ変更。さらに、WRCチャンピオン獲得を記念した専用プレートを助手席前のインストルメントパネル部分に装着しています。