日産がジャパンキャンピングカーショー2024に「キャラバン MYROOM」と「キャラバン マルチベッド」を出展

日産は幕張メッセで開催されるジャパンキャンピングカーショー2024(2月2日~2月5日)に、キャラバンをベースとした「キャラバン MYROOM」と「キャラバン マルチベッド」を出展すると発表しました。ジャパンキャンピングカーショーは、キャンピングカーを実際に見て、体験できるアジア最大級規模のイベントで、全国から最新・人気モデルのキャンピングカーが集結します。今回日産はワークユースのみならず、レジャーや趣味を楽しむ方など、幅広い層のお客さまにお乗りいただいている「キャラバン」をベースに、クルマという枠を超えた価値を提供する2モデルを出展します。

キャラバン MYROOM


本モデルは、日常生活に追われる中で非日常を感じ、自然に触れて安らげる空間が欲しいお客さまに向け、自分のお気に入りの部屋ごと自然の中に持ち込んでリラックス(憩うこと)ができる空間を提供する、これまでにない新たなカテゴリーのクルマを目指しました。インテリアには木目をふんだんに使うことで「クルマの内装感」を徹底的に消し、シンプルでミニマルなデザイナーズホテルのような洗練された趣を実現しています。ベッドとテーブルを組み合わせることで、リビングルームモードやベッドルームモード、ダイニングルームモードと、車内を自在にアレンジいただくことが可能です。

キャラバン マルチベッド(GRANDプレミアムGX)


荷室に跳ね上げ式のベッドシステムと、水や汚れを簡単に拭き取れる硬質素材のフロアパネルを装備し、車内での休憩や車中泊などでのくつろげる空間の広さと、積載性を兼ね備えたモデルです。オプションの着脱式テーブルを装着すると、リビングのような空間として使用することもでき、アウトドアスポーツなどの趣味から、テレワークの仕事部屋としてまで、用途に合わせてさまざまなアレンジが可能です。