【K’SPEC NOW|特選コラム】スマートキーが電池切れした時のエンジンのかけ方〈トヨタ編〉

スマートキーの電池が切れると、「ドアの開閉」や「エンジンの始動」ができなくなります。急にそんな風になったら「どうしよう!?」って焦りますよね。ということで、今回はいざという時の対処法を解説します!

スマートキーが電池切れした時の「ドアの開閉」と「エンジンの始動」の方法

①まずはスマートキーをよく見よう!

実は、スマートキーの中には、普通のカギが仕込まれています。その普通のカギを取り出して、カギ穴に差し込めば、ドアが開けられます。

普通のカギの取り出し方はとっても簡単。解除レバーをスライドさせた状態で、出っ張りを引っこ抜くだけです。

そして、車のドアが開いたら、普通の鍵はスマートキーの中に戻しましょう。

②エンジンのかけ方は少し特殊です!

エンジンも普通のカギを差し込めばOKっていうのが一番楽なんですが、そうはいきません……。

まずは、いつも通り、ブレーキを踏みます。そして、「スマートキー」と「パワースイッチ」を近づけましょう。

すると、パワースイッチの電源が光ったり、または、ピーッっていうブザー音が鳴ったりします。

そして、もう一度ブレーキを踏んで、パワースイッチを押せば、エンジンがかかります!

知っていれば一つも焦ることはないですが、どういうわけか、こういうトラブルっていうのは、嫌なタイミングで起こることが多いんですよね。例えば、行き慣れていない高速道路のサービスエリアとか、帰省した実家とか。でも、ちょっとしたことですが、知っていればスムーズに難を逃れることができます。ぜひ、いざという時に備えて覚えておいてくださいね!

【K’SPEC NOW|特選コラム】