「Golf」の誕生50周年を記念し、スペシャルサイトを公開

フォルクスワーゲン ジャパンは、主力モデルである「Golf(ゴルフ)」の誕生50周年を記念し、スペシャルサイトを公開しました。さらに、時代を超えて愛される「Golf」の試乗と、新しいライフスタイルを提案する宿泊施設での滞在が抽選で当たる「Golf誕生50周年記念 試乗&宿泊キャンペーン」も2024年1月19日(金)より実施します。

「Golf」は今から50年前の1974年に初代が誕生しました。それまでドイツをはじめ世界各地で愛されるモビリティとなったフォルクスワーゲン「タイプ 1(通称:ビートル)」の後継車として登場した「Golf」は、「タイプ 1」とは大きく異なる革新的なコンセプトにより、コンパクトカーの新しい時代を切り拓くことになります。

空冷エンジンをリヤに搭載する代わりに、水冷エンジンをフロントに横置きする前輪駆動を採用することで、優れた操縦安定性や快適で安全な走行性能を実現。また、テールゲートを備えたハッチバックスタイルと折りたたみ式リヤシートにより、広いキャビンと使い勝手の良いラゲッジスペースを確保しました。

さらに、20世紀を代表するカーデザイナーのひとりであるジョルジェット ジウジアーロによる直線的でクリーンなデザインとあいまって、「Golf」は瞬く間に世界中で人気を集め、“小型車のお手本=コンパクトカーのベンチマーク”と評される車になりました。

その後「Golf」は世代を重ねるごとに、走行性能や機能性、信頼性、品質、環境性能などの向上に取り組み、いつの時代もコンパクトカーのベンチマークであり続けました。さらに、ハッチバックの「Golf」に加えて、ステーションワゴンの「Golf Variant(ゴルフ ヴァリアント)」、スポーツモデルの「Golf GTI(ゴルフ GTI)」や「Golf R(ゴルフ R)」など、豊富なバリエーションを用意することで、幅広いお客様に親しまれています。

8世代目にあたる現在の「Golf」は、歴代「Golf」が誇る日常ユースでの高い実用性や一目で「Golf」とわかる特徴的なシルエットを受け継ぎながら、時代が求める性能を大幅に進化させています。日本では2021年6月には「Golf」が、翌7月には「Golf Variant」が発売されています。

パワートレインは、1.0TSIガソリンエンジンと1.5TSIガソリンエンジンにマイルドハイブリッドシステムを組み合わせた1.0eTSI(81kW/110PS)と1.5eTSI(110kW/150PS)、「ツインドージングテクノロジー」により排ガス中のNOx排出量を低減したクリーンディーゼルエンジンの2.0TDI(110kw/150PS)をラインナップしています。

「Golf」はこの50年の間に全世界で3,700万台以上が販売され、日本でもフォルクスワーゲンの累計輸入台数の180万台中、半分を超える100万台以上が「Golf」とその派生モデルです。

そんな時代を超えて愛されている“世界基準の頼れるハッチバック”「Golf」の第1世代から第7世代までの特徴がわかるスペシャルサイトを公開します。さらに、「Golf」の心地よい走りと、魅力的なコンセプトを体現した宿泊施設でのこだわりの体験を「Golf誕生50周年記念 試乗&宿泊キャンペーン」でお楽しみいただけます。

Golf誕生“50周年”にちなみ、感謝を込めたスペシャルオファーとして、3月末日までの期間中に「Golf Platinum Edition」、「Golf GTI」、「Golf Variant Platinum Edition」、「Golf R」、「Golf R Variant」の新車のご成約、ご登録を完了された方は特別低金利0.50%でご購入いただけます。

■Golf50周年 スペシャルサイト:
https://sp.volkswagen.co.jp/50th_golf_anniversary/ 

【Golf誕生50周年記念 試乗&宿泊キャンペーン 概要】
世界で、そして、日本で愛され続ける「Golf」の試乗と宿泊をセットにしたキャンペーンを開催します。新しいライフスタイルを提案する宿泊施設での滞在を楽しみながら、時代とともに進化し続ける「Golf」の魅力をご堪能いただけます。キャンペーンでは、各宿泊施設に1組2名様を抽選でご招待いたします。

■応募期間:2024年1月19日(金)~2024年2月29日(木)
■宿泊施設:
NIPPONIA HOTEL 竹原 製塩町(広島県) 5月18日(土)・20日(日)の一泊ご招待
SUIDEN TERRASSE(山形県) 6月8日(土)・9日(日)の一泊ご招待
ザ・リッツ・カールトン日光(栃木県) 7月6日(土)・7日(日)の一泊ご招待