ヤリス・ヤリス クロスが一部改良、新グリルで個性的に

トヨタがヤリスとヤリス クロスを一部改良し、新たに発売開始しました。ヤリスはラジエーターグリルをより躍動感のある洗練されたデザインに変更、ヤリス クロスはアッパーグリルのパターンをよりSUVらしい力強いデザインに変更(除く、GR SPORT)したのが、従来モデルとの大きな違いとなっています。

ヤリスはラジエーターグリルを、より躍動感のある洗練されたデザインに変更。上下に分割するバーがなくなり、立体感のある大きなグリルに進化しました。またZグレードのシート表皮に合成皮革+ツィード調ファブリックを採用したのもポイントです。

ヤリス クロスはアッパーグリルのパターンをよりSUVらしい力強いデザインに変更(除く、GR SPORT)。コンソールボックス付フロントソフトアームレストを採用(除く、X、U)し、利便性を向上させています。

共通の進化ポイントは、メーター部に7.0インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイを標準装備(除く、ヤリスX、U)。最新のディスプレイオーディオを搭載し、コネクティッドナビを5年間標準付帯した他、Xグレードにはナビレディパッケージを設定しました。また、一部内装の加飾をガンメタリックに変更(ヤリスZ、ヤリス クロスZ、G)。さらに外板色に、新色のマッシブグレーを追加しました。