トヨタ、LEXUSがバッテリーEV専用モデルの「RZ450e」に特別仕様車を設定し100台限定で抽選販売

LEXUSは、バッテリーEV(以下、BEV)専用モデルの「RZ450e」に特別仕様車”F SPORT Performance”を設定し、100台限定で抽選販売すると発表しました。2024年1月12日(金)から2月19日(月)まで全国のレクサス店にて抽選申し込みを受付し、当選者には申込みした販売店より2月22日(木)以降に連絡のうえ、商談を開始するということです。

LEXUS初のBEV専用モデルとして開発されたRZは、LEXUSらしい感性に訴えかける走りとデザインを電動化技術によって体現し、BEVブランドへの変革の起点となるモデルです。2023年3月AWDモデルのRZ450e発売以降、2023年11月にはFWDモデルのRZ300eを導入し、多様なユーザーのニーズに応えるべくモデルラインアップを拡充しています。

特別仕様車”F SPORT Performance”は、2023年1月の「東京オートサロン2023」へ出展した、BEVならではの走りやカスタマイズの楽しさを追求するコンセプトモデル「RZ SPORT CONCEPT」をベースとした、カーボンニュートラル社会の実現に貢献するBEVで、走りの楽しさを追求した特別仕様車です。

エアレース・パイロットの室屋 義秀選手、レーシングドライバーの佐々木 雅弘選手とともに、空力と走りの性能を鍛え上げ、機能に根差したデザインを具現化しました。

空力開発は室屋 義秀選手(LEXUS PATHFINDER AIR RACING)と行いました。室屋 義秀選手との技術交流から得られた知見を活かし、航空機に用いられている空力技術を応用したカーボンウイング、カーボンターニングベインなど17点の専用エアロパーツを採用。

ダウンフォースを増加させるなど、より高い空力性能を実現しました。足回りでは、21インチアルミホイールを装着し、コイルスプリングやショックアブソーバーを専用チューニング。佐々木 雅弘選手と共にToyota Technical Center Shimoyamaで徹底的に走り込み、走行性能を鍛え上げることで、妥協のない走りを実現しました。

エクステリアカラーには、光と影が織りなす静寂の銀世界から着想を得た「HAKUGIN(白銀)」とブラックのコントラストが際立つボディに、ブルーのアクセントを配しました。きめ細やかな粒子感で美しい造形を際立たせるマットホワイトの新たな質感を追求するとともに、BEVのクリーンさを想起させるブルーのアクセントカラーを取り入れることで、スポーティな印象を際立たせています。

インテリアには、新たに設定したブラックとブルーの専用インテリアカラーと、ブルーステッチが施されたウルトラスエード(R)のシートを設定。エクステリア、インテリアのトータルコーディネートでスポーティなスタイルを表現しています。

 

さらに、購入特典として、日本各地の充電器付きの宿泊施設を起点とした独自の旅行プログラム「LEXUS ELECTRIFIED JOURNEY」への招待や、全国のレクサス店における充電料金を無償とするサービスを提供するとしています。購入特典の詳細については以下URLよりご覧ください。