ホンダの「Hマーク」が変わる!? ~新グローバルEV Honda 0シリーズ~

人が両手を広げたようなデザイン。これが新たなホンダのマーク。今回発表した次世代EVのために、1981年に改定されて以降、歴史を重ねてきた伝統のHマークをリニューアル。

この新しいHマークには、「原点を超え、挑戦と進化を絶えず追い求めるホンダの企業姿勢」や「モビリティの可能性を拡張し、ユーザーに向き合う姿勢」といった想いが表現されている。

実際に採用されるのは2026年で、EV「Honda 0(ゼロ)シリーズ」からになる予定だ。

新グローバルEV「Honda 0シリーズ」

アメリカのラスベガスで開催されているCES 2024。この会場で、ホンダが2026年よりグローバル市場に投入するEV「Honda 0シリーズ」を発表し、コンセプトモデルを公開した。

ホンダは2050年に全ての製品のカーボンニュートラルを目指しており、四輪車は2040年までにEV・FCEV販売比率をグローバルで100%とする目標を掲げている。

「Honda 0シリーズ」はその象徴で、ゆえに、長年に渡って親しまれてきたHマークまでも新しいデザインに切り替えたわけだ。

Honda 0シリーズを象徴するコンセプトモデル「SALOON」

開発にあたり、「これからの時代にホンダが創りたいEVとは何か」を原点から見つめ直したそう。その結果、長い航続距離を確保するためのバッテリー搭載量の増加や、それを搭載するための車体やプラットフォームの大型化などによる、厚くて重いEVという制約から解放し、新たなEVの価値を創造する、という結論に辿り着いた。

低全高でスポーティなスタイル。そして、外観からは想像できないほどの広い室内空間も両立。様々な走行シーンで思い通りのコントロールの実現を目指し、EV時代における究極の「操る喜び」も追求している。

徐々にではあるが、確実にEV時代へと移行している自動車業界。今回のホンダの動きによって、その勢いはますます加速するに違いない。