話題の新型SUVも速攻カスタム。ホンダが東京オートサロンの出展概要を発表

ホンダは東京オートサロン2024に、3月22日発売予定の新型SUV「WR-V(ダブリューアールブイ)」のSUVらしいタフさをさらに際立たせたコンセプトカーや、スポーティーさを強調するエクステリアコーディネートを施した新型「ACCORD(アコード)」など、カスタマイズの楽しさを表現した四輪車を展示します。また四輪モータースポーツの頂点であるFIAフォーミュラ・ワン世界選手権(F1)に参戦しているOracle Red Bull Racing(オラクル・レッドブル・レーシング)のF1マシンから、軽自動車オーナーが手軽に参加できるレースN-ONE OWNER’S CUP(エヌワンオーナーズカップ)の参戦車両まで、多様なレースカーを出展すると発表しました。

WR-V FIELD EXPLORER CONCEPT
(ダブリューアールブイ フィールドエクスプローラー コンセプト)

3月発売予定の新型SUV、WR-Vをベースに、いち早くカスタマイズを施したコンセプトモデルを初公開。WR-V用の純正アクセサリーによるエクステリアコーディネート、“TOUGH STYLE(タフスタイル)”をベースとしながら、SUVらしいタフさをさらに際立たせる特別なカスタマイズを施しています。

ACCORD e:HEV SPORTS LINE
(アコード イーエイチイーブイ スポーツライン)

新開発の「スポーツe:HEV」を搭載し爽快な走りを実現する、2024年春発売予定のACCORDを、Honda純正アクセサリーによりエクステリアコーディネートした、“SPORTS LINE(スポーツライン)”を展示します。 “SPORTS LINE”は新型ACCORD用の純正アクセサリーとして発売予定の2種類のコーディネートのうち、スポーティーなキャラクターをさらに高めるエクステリアコーディネートです。躍動感ある造形に精悍な印象を与えるブラック塗装のエアロパーツの装着と19インチにインチアップしたアルミホイールを採用し、ACCORDの持つスポーティーな雰囲気をよりいっそう高めます。