コインパーキングで9割以上の人がトラブルを経験!決済系トラブルがもっとも多い結果に【コインパーキング利用に関するアンケート調査】

電脳パークを運営するDataHaxが車の利用頻度が1ヶ月に1回以上ある人311名を対象に、コインパーキング/時間貸駐車場に関するアンケート調査を実施しました。

コインパーキングを選ぶ基準として多くの人が「距離」と「時間単位料金」を重視

「Q.CPを選ぶ基準として重要視するポイントを教えてください。(複数回答)」(n=311)と質問したところ、「目的地からの距離」76.2%と「時間単位の料金(30分で〇〇円など)」71.7%が高い割合となり、「最大料金設定」が45.7%と続きました。

目的地からの距離の許容範囲は9割超の人が「10分以内」で回答

「Q.目的地からのコインパーキングまでの距離の許容範囲を教えてください。」(n=311)と質問したところ、「徒歩5分以内」が50.8%ともっとも高く、次いで「徒歩10分以内」31.8%、「徒歩3分以内」10.9%、となりました。

コインパーキングでもっとも利用されている決済方法は「現金」も、75%以上の人がキャッシュレス決済を支持

「Q.コインパーキング/時間貸駐車場でよく利用する支払い方法を教えてください。」(n=311)と質問したところ、「現金」割合がもっとも高く77.8%、次いで「クレジットカード(タッチ決済含む)」14.1%、「QRコード決済(PayPayやd払いなど)」5.1%、となりました。

一方で、「Q.コインパーキング/時間貸駐車場で一番使いたい決済方法を教えてください。」(n=311)と質問したところ、「QRコード決済(PayPayやd払いなど)」43.4%、「クレジットカード(タッチ決済含む)」21.9%と高い支持を受ける結果となり、「現金」の支持率は22.5%と実態とは真逆の結果となりました。

このことから、QRコード決済で支払いたいユーザーは多い一方で、QRコード決済が利用できず現金支払いのみのパーキングが多い可能性が高いと考察できます。

事業用車の利用者は領収書がほぼ必要、インボイス番号も「あると嬉しい」以上が75%以上

事業用車でコインパーキングを利用される人に「Q.コインパーキング/時間貸駐車場で領収書の発行は必要ですか?」(n=17)と質問したところ、「必ず必要」が94.1%、「あるとうれしい」が5.9%で、「なくても良い」の回答は0%でした。

さらに事業用車利用の人に「発行された領収書にインボイス登録番号は必要ですか?」と質問したところ、「必ず必要」29.4%、「あると嬉しい」41.2%、「なくても良い」29.4%となりました。

駐車場のトラブル経験者は9割以上、特に決済系トラブルで悩んだ経験者が多い

「Q.体験したことがあるトラブルを教えてください。(複数選択可能)」(n=311)と質問したところ、決済系トラブルが「お札が使えなくて支払いに困った(お釣り切れやお札未対応など)」44.4%、「支払い方法が現金のみの精算機で現金の手持ちがなかった」26.4%、「手持ちの通貨が精算機で対応していなかった(新通貨など)」20.3%、「料金表示がわかりづらく想定よりかなり高額の支払いが発生した」17.4%と上位を占める結果となりました。

AI(カメラ式)パーキングの認知率は約50%も利用者から肯定的な回答が多い

「Q.ロック板やゲートバー、精算機がないAI(カメラ式)パーキングがあることを知っていましたか?」(n=311)と質問したところ、「利用したことがある」が29.6%、「知ってるけど利用したことはない」が20.6%、「知らなかった」が49.8%となりました。利用の有無に着眼した場合、「利用経験有り」が約30%、「利用経験無し」が約70%(20.6%+49.8%)という結果となりました。

さらにAI(カメラ式)パーキングを使ったことがある方へ「Q.AI(カメラ式)パーキングと従来のパーキングシステムはどちらを使いたいですか?」(n=92)と質問したところ「従来のパーキングシステム」を支持した人が12.0%に対し、「AI(カメラ式)パーキング」を支持した人は47.8%となりました。

一方でAI(カメラ式)パーキングを使ったことがない方へ「Q.AI(カメラ式)パーキングと従来のパーキングシステムはどちらを使いたいですか?」(n=219)と質問したところ「従来のパーキングシステム」を支持した人が32.9%に対し、「AI(カメラ式)パーキング」を支持した人は30.6%となりました。