【LEXUS】新型「UX」〜ハイブリッドのUX300hは1月上旬、BEVのUX300eは1月下旬に発売!〜

レクサスは新型「UX300h」、「UX300e」の国内仕様を発表しました。UX300hは24年1月上旬頃、UX300eは1月下旬頃の発売を予定されています。

新型UX

新型UX300hでは、たゆまぬ進化を追求していくAlways Onの思想のもと、『安心とゆとり』を開発テーマとし、走りと先進装備などを中心に改良をしました。HEVモデルでは、従来のUX250hのハイブリッドシステムのシステム出力を向上するなど、上質ですっきりと奥深い「走りの味の深化」を果たし、UX300hと車名を変更。

BEVモデルUX300eでは、2023年3月の改良により実現した走りの深化や航続距離512kmに加え、急速充電時間を約25%短縮することで、より使い勝手の良いBEVへと進化しています。更に、両モデルともに、最新の予防安全技術へのシステム進化やコックピットの機能性を向上。より上質な運転体験の提供を実現しました。

両モデル共通した走りの味の深化では、ラジエーターサポートブレース追加やロアバックパネル下端のガゼット追加等により、クルマの素性を徹底的に鍛え、ドライブフィールをより高めるとともに、操縦安定性や上質な乗り心地を追求しました。また、ボディ制振材・遮音材を適正配置することで、ロードノイズ等を低減し、静粛性も向上。これらの改良を加えつつ、「Toyota Technical Center Shimoyama」で走り込むことで、あらゆる道において、お客様が運転をより楽しめるよう徹底的に作り込みました。

HEVモデルでは、高出力モーターとリチウムイオンバッテリーを組み合わせた新開発のハイブリッドシステムにより、高出力かつ低燃費(26.3km/L)を実現。より電動車らしいダイレクト感と伸びのある加速感を持つUX300hの走りに貢献しています。

先進装備の進化では、最新の予防安全技術「Lexus Safety System +」の進化により、安全・安心な運転をサポートします。また、液晶メーターを12.3インチに大型化させるなど、より洗練されたコックピットへ進化させました。また、HEVモデルにおいてもエレクトロシフトマチックを導入し、操作性の向上と上質さを実現しています。