日産自、90周年記念車「90th Anniversary」を発売

日産は創立90周年を記念し、電気自動車の「日産サクラ」と「日産リーフ」、e-POWERを搭載しているコンパクトカー「ノート」「ノート オーラ」、ミニバン「セレナ」、SUVの「エクストレイル」、「キックス」の日産の電動車両7車種において、90周年記念車「90th Anniversary」を設定することを発表しました。「日産リーフ」「セレナ」「ノート オーラ」は12月14日より、「日産サクラ」は12月19日より、「ノート」は2024年1月下旬より発売し、「エクストレイル」「キックス」については2024年春の発表を予定しているとしています。

10月にジャパンモビリティーショーにて先行展示した90周年記念車は、電動車を象徴するカッパー色をアクセントカラーとしてエクステリア各所に配し、黒味がかった色調をベースとした専用ホイールやドアミラーなどを装備することで、90周年の特別感を演出するデザインとなっています。

各モデルの主な特長は下記のとおりです。

■日産サクラ 90th Anniversary

エクステリアにカッパーのルーフサイドステッカーを配し、ブラックカラーにカッパーストライプがデザインされたドアミラーを装備。専用の14インチブラックアルミホイールを装着しました。

シートには、「90th Anniversary」専用の素材として、高い耐久性を持ちながらナッパレザーのような触感を持つ合成皮革素材「テーラーフィット(TM)」を採用し、包み込まれるような乗り心地を提供します。

■日産リーフ 90th Anniversary

フロントバンパーにカッパーのフィニッシャーを配し、ブラックカラーにカッパーストライプがデザインされたドアミラー、専用17インチブラックアルミホイールを装備しています。

シートは「90th Anniversary」専用のクリスタルスエードと革のような見た目と手触りながら高い耐久性と耐水性を持ったレザレットのコンビネーションシートを採用しました。また60kWhバッテリーを搭載しているe+には、「インテリジェント アラウンドビューモニター」や「インテリジェント ルームミラー」、「プロパイロット」を始めとした各種運転支援技術を標準装備としています。

なお「日産リーフ」のベースモデル、およびNMC扱いのカスタムカー「AUTECH」の40kWhバッテリー搭載の標準モデルについては、自宅や公共施設に設置された6kW充電に対応可能となる、6kW普通充電器(車載用)を単独で選択いただけるオプションを設定するなど、本モデル発売とあわせて一部オプション構成を見直しています。