スズキを代表する軽乗用車・ワゴンRが、国内累計販売台数500万台を達成

スズキの軽乗用車・ワゴンRシリーズが、国内累計販売台数500万台を達成しました。国内累計販売では最短期間となる30年3カ月目での達成です。国内累計販売500万台を達成したスズキのモデルは37年8カ月目で達成したアルトに次いで2車種目となります。

初代

1993年9月に発売した初代ワゴンRは、「乗る人を最優先し、快適で使い勝手のよいパッケージングを追求」というコンセプトで開発し、セダンタイプが中心だった軽自動車に“軽ワゴン”という新たなジャンルを創出しました。

二代目

ワゴンRは軽ワゴンのパイオニアとして軽自動車市場に革新を与え、軽自動車で初めてRJCニューカー・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。軽ワゴンという市場を築き上げたワゴンRは、軽自動車市場の活性化に貢献し、スズキの軽自動車としてだけでなく、日本の軽自動車を代表するモデルです。

三代目

ワゴンRは発売以来、お客様からの要望や、その時代に求められる安全性能、環境性能などを取り入れながら進化を続け、現在6代目のモデルに至ります。

四代目

また、ワゴンRのクルマ作りの思想は、軽ハイトワゴンのスペーシア、SUVと融合させたハスラーにも受け継がれています。さらに、ワゴンRはインドなど海外にも展開し、軽自動車の魅力を世界に広げる役割を果たしてきました。

五代目

スズキは「今後もお客様の立場になったものづくりを推進し、お客様のニーズに合った価値ある商品を提供してまいります」としています。

現行・六代目