三菱自、「デリカD:5」の特別仕様車「CHAMONIX」と「デリカミニ」の「CHAMONIXパッケージ」を発売

三菱自動車は、オールラウンドミニバンデリカD:5に、特別仕様車「CHAMONIX(シャモニー)」を設定するとともに一部改良を施し、11月24日(金)から全国の系列販売会社で販売を開始しました。

また、軽スーパーハイトワゴン『デリカミニ』にはディーラーオプションのパッケージとして「CHAMONIXパッケージを設定し、2月8日(木)から全国の系列販売会社で販売を開始します。

『デリカD:5』のメーカー希望小売価格は415万6900円〜462万2200円(消費税10%込)。特別仕様車「CHAMONIX」のメーカー希望小売価格は455万7300円〜465万6300円(消費税10%込)。『デリカミニ』のディーラーオプション「CHAMONIXパッケージ」のメーカー希望小売価格は17万9190円(消費税10%込)。

『デリカD:5』特別仕様車「CHAMONIX」の商品特長

「CHAMONIX」は2023年の東京オートサロンや大阪オートメッセで展示したコンセプトカー「SNOW SURVIVOR」をイメージし、最上級のPグレードをベースに専用の外装・内装デザインを施した、アウトドアアクティビティをより快適に楽しめる特別仕様車です。

エクステリアはフロントグリル、ポジションランプガーニッシュ、フォグランプベゼル、ドアミラーカバー、アウタードアハンドルをブラックマイカで統一、前後のスキッドプレートはチタニウムグレーメタリックとし、精悍なスタイリングとしました。また18インチアルミホイールをブラック塗装とするなど足元を引き締め力強い印象としました。

テールゲートに配した「CHAMONIX」の専用デカールには雪山に生える針葉樹をイメージした専用色のグリーンを採用、フロントフェンダーにはカモフラージュ柄をベースにグリーンの車名ロゴを載せたデカールを配し、アウトドアシーンに映えるデザインとしています。

「CHAMONIX」専用シートには、アウトドアアクティビティでの使い勝手を考慮した専用コンビネーション生地を採用。雪や水滴のついたウェアのままでも気軽に乗り込めるように撥水機能を付加したスエード調素材と合成皮革を採用したほか、心地よい手触り、滑りにくい立体的なボーダーキルティング形状にシルバーステッチを施すなど、機能性だけでなくデザイン性にもこだわったシートとしました。インストルメントパネルやドアトリムにはシートと同様にシルバーステッチをあしらい、統一感のあるインテリアデザインとしています。このほか、ルーフビームガーニッシュの天井照明を専用のホワイトとし、オーナメントパネルとアクセントパネルには木目調バール杢を採用するなど、インテリアの質感を向上させました。

ボディカラーはホワイトダイヤモンド×ブラックマイカ(*1)とブラックダイヤモンド×ブラックマイカ(*1)の専用色2色に加え、グラファイトグレーメタリック×ブラックマイカの3色展開としました(1有料色:7万7000円)。

「CHAMONIX」専用色のグリーンを採用したドアミラーカバーやエンジンフードエンブレムなどに加え、カモフラージュ柄のボディサイドデカールなど、オートサロンに出展した「SNOW SURVIVOR」を想起させる専用オリジナルアクセサリーを組み合わせた「CHAMONIXコンプリートパッケージ」を、ディーラーオプションで設定しました。メーカー希望小売価格は、26万370円(本体21万3730円、参考取付工賃4万6640円、消費税10%込)。