ニッサン デイズ|マイナーチェンジ 何が変わった?

最終更新|2024年1月10日

スタイリッシュなデザインに広々として質感の高いインテリア、運転支援技術「プロパイロット」などで好評のデイズが、マイナーチェンジを実施。安全装備をさらに充実させるとともに、デザインの変更や使い勝手の向上が図られています。詳しくご紹介します。

新型デイズ

デザインの進化
ラジエーターグリルを一新し、デジタル・Vモーションを採用しました。ハイウェイスターシリーズは、Vモーションの太さが上下にグラデーションで変化するクロームメッキのラインや、水平基調のワイドなリヤバンパーにより、精悍で先進観を感じられる佇まいとなっています。

X、Sグレードは、デジタル・Vモーションとヘッドランプ、フロントグリルを一体化させることで、モダンで親しみやすいデザインへと進化を遂げています。また足元のアクセントとして、スポーティーな印象を持つ14インチの切削アルミホイールをハイウェイスターシリーズに、日本の風景にマッチする立体的で和モダンなフルホイールカバーをデイズシリーズに新たに設定しました。

インテリアは、ハイウェイスターXシリーズに、ブラウン系とブルー系の混色配合で作った深みのあるブラックのトリコット地にエンボス加工を施したシート地を採用し、表情豊かなしつらえとしました。また、ハイウェイスターGターボシリーズには、カシス色のアクセントがのぞくパーフォレーション加工を施したフルレザー調素材を採用するなど、内装の質感を高めています。

ハイウェイスターXシリーズ

ハイウェイスターシリーズのボディカラーには、日産として初採用のシルキーライラックを含む6色の新色を加え、2トーン5色とモノトーン7色の合計12色、X、Sグレードには2トーン3色とモノトーン8色の全11色の多彩なバリエーションをご用意しました。

ハイウェイスターGターボシリーズ

安全性の向上
軽自動車として初めて「後側方車両検知警報(BSW)」と「後退時車両検知警報(RCTA)」を標準設定し、従来の前方・後方の運転支援に加え、後側方の安全性を強化することで、360°セーフティアシストを実現しました。また、これまでハイウェイスターシリーズに標準装備していた、夜間の視認性向上につながる「LEDヘッドランプ」を新たにXグレードにもオプション設定するとともに、「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」の性能を向上し、自転車に乗った人の検知を可能とするなど、安全性能にさらに磨きをかけました。

使い勝手の向上
助手席側のインストルメントパネル上に設置したトレーは、より深い形状とすることで、小物を置きやすく、転がり落ちにくい形状に改良しました。また、カード置き場を新設した他、カップホルダーにフラップを追加したことで飲み物を倒れにくくするなど、使い勝手を向上し、毎日のお出かけの快適さをサポートします。さらに寒い日の運転を快適にするステアリングヒーターを用意しました*2。

デイズWEB
https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/dayz.html