スーパーカーニバル・リアル2023の会場にて、最新エアロを纏った90ヴォクシーを初お披露目!

2023年10月1日(日)に、岐阜県の高鷲スノーパークで開催された「スーパーカーニバル・リアル2023」。その会場にて、シルクブレイズの最新作である90ヴォクシー用エアロがデビューした。

「ウェブや雑誌ではすでに公開済みですが、イベント会場では初お披露目。それもあって、どんな反響を頂けるのか、凄く楽しみにしていました」とシルクブレイズの筒井サン。

パーツ構成は「フロントリップスポイラー」と「サイドフラップ」と「リアフラップスポイラー」と「リアウイング」。そして、「フロントバンパーグリルカバー」も設定。

各パーツはシルクブレイズらしくシンプルで大人っぽく、ほど良くスポーティ感も味わえるデザインで仕立てられている。

「特に好評だったのが、フロントバンパーグリルカバー。グリルの下の部分に装着するパーツなんですが、フロントフェイスのイメージがガラッと変わることもあり、想像していた以上の注目度でした」。

ホイールもオリジナルで、シルクブレイズS590の18inchを装着。

ファンとの交流もイベントの楽しみの一つ!

スーパーカーニバル・リアル2023では、全国各地から集まったオーナーたちが自慢の愛車を披露。普段はなかなかお目にかかれないカッコイイ車輌を見ることができる。せっかくなので、シルクブレイズの筒井サンと一緒に会場をチェックして回ると、シルクブレイズのエアロを装着したオーナー車と出会うことができた。

30ヴェルファイア後期 / ヒロヴェルさん
◉レポートはコチラhttps://kspec-now.com/2023/10/11/48372/

30ヴェルファイア前期 / コウジヴェルさん
◉レポートはコチラhttps://kspec-now.com/2023/10/11/48383/

C-HR / KUMAさん
◉レポートはコチラhttps://kspec-now.com/2023/10/11/48394/

「アルヴェルをはじめ、ノアヴォクやCH-Rやハリアーなど、色々なクルマが集まっていて壮観でした。僕の感覚では、シンプルで大人っぽい仕様のクルマが多かったように感じました。エアロパーツでいうと、今主流のアンダータイプが人気で、街中でも違和感のないスタイルを目指している人が多いんだなって、改めて実感しました」。

ブースでは「イベント特価販売」を開催

シルクブレイズのブースでは数多くの人気商品が展示され、それらは全て「イベント特価」で販売。普段よりもお得に購入できるとあって、多くの人がブースに訪れた。

ラバーキーホルダー カラビナ付き

この日のためにイベント限定販売品の新作・ラバーキーホルダー カラビナ付きも用意。SILKBLAZEのロゴマークをデザイン。価格も1000円とお手頃。ここでしか購入できないアイテムに出会えるのも、こういったイベントの楽しみの一つだ。

アルミスポーツペダル

ウイングミラー

ラバーポケットマット

クリスタルシフトノブ

フューエルキャップカバー

隙間ポーチ

折りたたみコンテナボックス

エコバッグ

セカンドラグマット

まとめ

「今回は取材を兼ねて、3人のオーナーさんとじっくりと話ができたのが良かったです。シルクブレイズのパーツを選んでくれた理由を聞かせてもらったりしたんですが、なかなかこういう機会じゃないとできないですからね。

ブースに遊びに来てくれた方たちからも色々な話が聞けたので、今後の商品開発の際、積極的に生かしていこうと思います。これからもイベントにどんどん出展して、オーナーさんたちと交流していきたいですね。会場でお会いした際はどうぞよろしくお願いします!」とシルクブレイズの筒井サン。

シルクブレイズ 筒井サン