三菱が「エクリプス クロス」を一部改良するとともに特別仕様車「BLACK Edition」を設定

三菱は、クロスオーバーSUV『エクリプス クロス』にブラックのアクセントカラーを内外装の要所に配した特別仕様車「BLACK Edition」を設定、また、グレード展開の見直しや機能装備の充実など一部改良を実施すると発表しました。全国の系列販売会社を通じて、「M」「G Limited Edition」を11月10日(木)より販売をスタート。その他グレードは2023年2月16日(木)からの販売を予定しているとのこと。車両本体のメーカー希望小売価格はPHEVモデルが386万3200円〜465万800円、ガソリンモデルが254万2100円〜352万円。

1. 主な変更点

(1)PHEVモデルとガソリンモデルのグレード展開を見直して、それぞれ「P」「G」「M」とし、特別仕様車「BLACK Edition」と「G Limited Edition」を設定

(2)エレクトリックテールゲート(ハンズフリー・停止位置メモリー機能付)の採用により荷物の積み下ろしの際の利便性が向上(「P」「G」「BLACK Edition」に標準装備)

(3)ガソリンモデルにも高速道路同一車線運転支援機能「マイパイロット」を追加。高速道路の長距離走行や渋滞時の疲労が低減(「P」「G」「BLACK Edition」「G Limited Edition」に標準装備)

K'SPEC