絶対失敗しないポケットマットの選び方。運転中のイラつくカタカタ音とは、もうオサラバだ!

ポケットマット

運転中、どこからともなく響く音。カタカタカタカタ……。最初のうちは気にしないようにしていても、ず〜っとカタカタカタカタ……と鳴るもんだから、だんだんイライラしてきたりして。

大概、その音の原因は小物入れ。ライターだったり、小銭だったり、ペットボトルの蓋だったり。それらがクルマの振動に合わせて動き、小物入れの壁に当たってカタカタカタカタ……。あ〜、イライラする(笑)。

そんなよくあるイライラと無縁になれるのが、ポケットマット。これを小物入れに敷いておけば、モノが滑らなくなり、嫌なカタカタ音ともオサラバできます。

ポケットマット

最近では100円ショップなどでも「ポケットマット」が売っていますが、どうせなら、いいモノにこだわりたい。そんな方にイチオシなのは、シルクブレイズのポケットマットです。

定番のドリンクフォルダーはもちろん、全ての物入れに対応。今回紹介する30アルヴェル用は全部で24ピース。「え!? こんな所のヤツまであるの!」って、必ず驚くはずです。

ポケットマット

シルクブレイズのポケットマットは大好評で、現状はラバー製の白ロゴと黒ロゴの2種類ですが、近日、レザー製のブラウンとグレーの2つが追加ラインナップされます。

「より自分好みのタイプが選べるようになる!」というのは嬉しいことですが、逆に「どれを選べばいいのか?」と迷ってしまう人もいることでしょう。そこで、今回はシルクブレイズの筒井サンに、「失敗しないポケットマットの選び方」を教えて頂きました。

ポケットマット

#01|シンプルに大人っぽく

ポケットマット
ポケットマット

室内の雰囲気を崩さずに、シンプルに大人っぽくまとめたいのなら、ラバー製の黒ロゴが狙い目。ベースの黒に対して、ロゴも同色の黒なので、今回紹介する4つの中で、最も主張が少ないのがポイントです。「よく見るとロゴ入り」という、そんな「あえて」な感じが、大人っぽさの演出に役立ちます。

#02|室内の雰囲気を一新!

ポケットマット
ポケットマット

30アルヴェルのインテリアは純正の時点で高級感に溢れていますが、さらに高級感を取り入れたいのなら、レザーのブラウンがオススメ。室内の各所にブラウンが散りばめられることで、純正とは全く違うムードになります。ちょっとしたアイテムですが、レザーのブラウンは想像以上に見た目が変わるのが特徴と言えるでしょう。

#03|落ち着いた高級感!

ポケットマット

ポケットマット

同じレザー仕様でも、色が変わると雰囲気も変わります。こちらはレザーのグレー。どちらかというと黒っぽい感じなので、派手さはなく、実にシックなムードです。ゆえに、「純正とはひと味違う高級感が欲しいけど、やり過ぎはダメ」っていう、そんな上級者的な考えの持ち主にオススメです。

#04|ファンは迷わずコレ!

ポケットマット
ポケットマット
ポケットマット

ラストはラバーの白ロゴ。こちらは「シルクブレイズが大好き!」という方に絶対オススメ。SILKBLAZEの白ゴロがバチッと目に飛び込んできます。しかも、白ロゴは蓄光になっているので、夜などの暗い場所では蛍光色に光るのもポイント。そのお陰で、小物入れの場所も分かりやすくなりますよ。

総括!

今回は「失敗しないポケットマットの選び方。運転中のイラつくカタカタ音とは、もうオサラバだ!」と題し、シルクブレイズの大人気アイテムの「ポケットマット」を紹介しました。

ポケットマット

シルクブレイズのポケットマットは車種別専用設計品なので、変な隙間がなく、ピッタリと装着できるのもウリ。しかも、例えば30アルヴェル用は24ピースもあるのに、4730円(ラバー製)というリーズナブルな価格にも驚き。そして、レザー製のポケットマットは、現在、鋭意製作中。完成次第、ケースペックNOWでご紹介します。

運転中のイラつくカタカタ音にお悩みの方は、ぜひ、シルクブレイズのポケットマットをチェックしてみてくださいね!

<シルクブレイズ ポケットマット>
http://www.kspec.jp/silkblaze/catalog/interior/rubber_pocket_mat/