日産自動車、「ノート」と「ノート オーラ」が揃って2021年度グッドデザイン賞を受賞

昨年12月にフルモデルチェンジした新型「ノート」と、本年8月に新規投入した新型車 「ノート オーラ」が「グッドデザイン賞」を受賞!

What’s グッドデザイン賞 !?

1957年に創設された、日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨の仕組みです。デザインを通じて産業や生活文化を高める運動として、国内外の多くの企業やデザイナーが参加しています。受賞のシンボルである「Gマーク」は、良いデザインを示すシンボルマークとして広く親しまれています。

◉ノートの受賞理由

今回の「ノート」の受賞は、

「ブランドを牽引する新たなアイコンを創出しようとする熱意を感じるデザインである。

クリーンでリズム感のある面構成は、先鋭的でダイナミックな印象を生みだし、様々な角度から見たいと思わせる趣と、コンパクトカーのクラスを越えた存在感を併せ持っている。

インテリアでは、飛梁型のセンターコンソールに先進的なシフトレバーがレイアウトされ、大型のディスプレイと相まって、室内全体に新世代を感じせる雰囲気を創出することに成功している。

カラーデザインでも、個性的な色調に挑戦している」

と、高く評価されました。

◉ノート オーラの受賞理由

Autodesk VRED Professional 2020.1

今回の受賞にあたっては、

「内外装ともに、非常に高品位なデザインであり、コンパクトカークラスを越えた存在感がある。

幅を活かしたリアフェンダーの造形は、グラマラスな印象を醸し出し、写し出されるリフレクションの変化も楽しい。

キレのよい面構成は、細く先進的なヘッドランプと相まって、モーターによる心地よい加速感を想像させ、未来を感じさせる造形として美しくまとめている。

また、インテリアは、一つひとつの素材選びにもこだわりを感じ、その総体として非常に上質な空間を生み出すことに成功している。

カラーデザインも、平易な色調に陥ることなく、それぞれに深みのある色合いを選定している」

と、高く評価されました。