ホンダの新型「CIVIC」が大人気!当初の予想の3倍以上の累計受注台数を記録

2021年9月3日に発売した新型「CIVIC(シビック)」。

累計受注台数は発売から約1ヵ月後となる10月7日時点で3,000台を超え、当初予想していた月間販売計画台数(1,000台)の3倍以上となる好調な立ち上がりとなったとのこと。乗る人すべてが爽快になることを目指した11代目シビックが、多くの支持を得ていることがわかりました。

新型シビック受注状況

■購入層

先代シビックからの買い替えのユーザーを中心に、年代としては20代(23.9%)、50代(22.2%)の順に幅広いユーザーから支持を得ているそう。

■評価を得ている点

・シビックならではの、クルマと一体となったような質の高いスポーティーな走り

・「運転の心地よさ」と「使い勝手のよさ」の両面が感じられるパッケージ

・トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)などを追加した、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」

・EX専用装備となる10.2インチのフルグラフィックメーターや、BOSEプレミアムサウンドシステム

・全グレードでCVTに加え6MTをお選びいただけるトランスミッション設定