今年の学ドリは「何か」が違う!? 熱い走りが期待される、その理由とは!? <全日本学生ドリフト王座決定戦(学ドリ)、10月9日(日)、富士スピードウェイにて開催!>

VALINO

学生時代、どんな事に熱中しましたか? 野球やサッカーなどの部活動を一生懸命頑張ったという方も多いでしょう。「勉強を頑張ったぞ」「バイトを頑張ったぞ」なんて方もいることでしょう。学生時代に熱中して、何か一つのことを頑張り続ける。その経験は必ず、社会に出た時に色々な場面で役立ちます。

そして、大人になり、そんな風に頑張っている学生たちの姿を見ると、その時の自分と重なり合い、思わず応援したい気持ちになります。

ドリフト業界にも、頑張って技を極めようとする学生たちが大勢います。そして、野球で言うところの甲子園、サッカーで言うところの国立的な存在が、「全日本学生ドリフト王座決定戦」。通称、学ドリです。

VALINO

学ドリは雑誌の『ドリフト天国』が主催する催しで、日本で唯一の学生だけで戦われるドリフト大会。2001年から開催され、今回で21回目を数える歴史ある大会で、この学ドリに青春の全てを賭ける人がいるほど、熱いイベント。

審査基準は「D1グランプリ」や「フォーミュラ・ドリフト」とは異なり、「自分の走りで100%以上の技術を本番に出せること」を最も重視。つまり、単純にドリフトのテクニックだけを競い合うのではなく、「本番で100%以上の走り」という、自分との戦いを求めているのが面白いところです。

学ドリの歴代優勝者の中には、その後、「D1グランプリ」や「フォーミュラ・ドリフト」へと羽ばたいた選手も少なくありません。ここ最近では、VALINOのサポートドライバー・秋葉瑠世選手も、そのひとり。

VALINOVALINO

今年度の「全日本学生ドリフト王座決定戦(学ドリ)」は、10月9日(日)に、富士スピードウェイにて開催決定。

つい先日、書類選考が行われ、出場する125人の学ドリ戦士が決定しました。その模様は、大会サポーターであるVALINOの公式YouTubeで確認することができます。

VALINOが大会をサポートする理由とは?

ちなみに、ドリフト業界で有名なVALINOが、今回、初めて学ドリのオフィシャルサポーターに就きましたが、その理由は、やはり、学生たちの頑張る姿に感銘を受けたから。学生たちのひたむきに頑張る姿が、有名メーカー・VALINOを動かしたと言ってもいいでしょう。

VALINO

VALINOが大会スポンサーに就いたことで、大会の格が上がったことは言うまでもありません。また、VALINOの発信力は日本はもとより、世界に広がっており、参加する学生選手たちにとっては知名度を上げる大チャンスということもあり、例年以上に熱い走りが期待できそうです。

今のところ、VALINOの公式YouTubeでは、「学ドリ開催告知」と「書類選考 結果発表」の2本の動画が上がっています。今後は、学ドリ出身の秋葉選手をはじめ、多くのドライバーのインタビューや当日の大会の模様など、注目動画がどんどんアップされるそう。

学生たちによる真剣勝負、「全日本学生ドリフト王座決定戦(学ドリ)」は、10月9日(日)に、富士スピードウェイにて開催決定。今年はどんなドラマが待っているのか。みんなで熱い走りを見守りましょう!

VALINOの公式YouTube