トヨタ、LEXUSがV型8気筒5.0Lエンジン搭載「IS500」の日本国内導入を発表

LEXUSは、「IS」にV型8気筒5.0Lエンジンを搭載した「IS500 F SPORT Performance」を、2022年8月25日より日本国内で新たに導入することを発表しました。

ISは1999年の初代モデル誕生以降、コンパクトFRスポーツセダンとして「クルマを操る楽しさ」を追求してきました。LEXUSの乗り味の礎となるべく進化を続け、運動性能の高さとそれを予感させるスポーティなデザインで好評を博し、多くのユーザーから愛されています。2020年11月に発売したISでは、LEXUSならではの走りの味「Lexus Driving Signature」を追求。Toyota Technical Center Shimoyamaで鍛え上げ、2021年には国内で年間1万台以上を販売しました。

先日発表したRX500h F SPORT Performanceと同様に、従来のF SPORTパッケージの仕様に加えて、パワートレーンを強化したパフォーマンスモデルとして「F SPORT Performance」パッケージをIS500に新規設定。走る喜びなど、新しい魅力を提供し、ユーザーの多様なニーズやライフスタイルに応えることを目指しているとのこと。

今回導入するIS500「F SPORT Performance」は、V型8気筒5.0Lエンジンを搭載し、最高出力354kW(481PS)、最大トルク535N・mがもたらす伸びやかで気持ちの良い加速のエモーショナルさや官能的サウンドを追求しました。

AVSやEPSにチューニングを施し、リヤに「パフォーマンスダンパー(R)」を追加することで、さまざまなドライビングシーンに応じた優れた乗り心地と操縦安定性を実現。加えて、ブレーキにはフロントに356mm、リヤに323mmの大径ブレーキーローターを採用することで、制動力を向上させています。

デザインでは、大排気量のV8エンジンの存在を感じさせるフード造形や専用ブラックキャリパー、4連エキゾーストマフラーなどによって力強さと迫力を際立たせました。

なお、日本国内導入にあたり、特別仕様車”F SPORT Performance First Edition”を500台抽選販売します。抽選の申し込みは、8月25日から9月15日まで販売店で受付し、9月下旬より順次商談を開始します。また、IS500の通常モデルの販売に関しては、2022年冬以降に案内予定としています。