新型フェアレディZのプロトタイプが公開!

新型フェアレディZプロトタイプ

日産は、同社を代表する歴史あるスポーツカー・フェアレディZのプロトタイプモデルをオンラインイベントで公開しました。フェアレディZプロトタイプは、V6ツインターボエンジンとマニュアルトランスミッションを組み合わせたパワートレインを搭載しているとのことですが、まずは一新された内外装をご紹介致します。

フェアレディZプロトタイプの外装

新型フェアレディZプロトタイプ

初代S30型のシルエットやフロント&リアのアイコニックなモチーフを引き継いだ、魅力的なデザインに仕上がっています。

新型フェアレディZプロトタイプ新型フェアレディZプロトタイプ

フードのバルジ形状やLEDヘッドランプのティアドロップ形状は、S30型のデザインを彷彿とさせます。また、四角いジオメトリックなグリル開口も歴代Zの持つアイコンを継承しており、内側の楕円形のフィンはリアコンビなどにも使われている統一されたグラフィックによってZ独自の世界観を印象付けています。

新型フェアレディZプロトタイプ

LEDヘッドライトにある2つの半円のデザインは、240ZGをイメージしたとのこと。

新型フェアレディZプロトタイプ

サイドシルエットは、長いノーズから続くルーフラインの先に垂直に切り立つテールエンドと、フロントフェンダーよりもわずかに低く、なだらかに傾斜するリアのデザインによって、S30型がもつ特徴的なサイドシルエットを表現しています。

新型フェアレディZプロトタイプ新型フェアレディZプロトタイプ

リアは、S30やZ32などいくつかの歴代Zが持つテールランプからインスピレーションを得て、現代風にアレンジ。テールランプはレイヤー形状に光り輝く美しくもハイテクな印象を与えます。

新型フェアレディZプロトタイプ 新型フェアレディZプロトタイプ

カーボンで成型されたサイドシルやリアバンパー、そしてフロントバンパー下のチンスポイラーはスポーツカーとしてのパフォーマンスの高さを感じることができ、19インチのアルミホイールと左右に配されたマフラーは、フェアレディZ プロトタイプの存在感を強く表現しています。

フェアレディZプロトタイプの内装

新型フェアレディZプロトタイプ

フェアレディZ プロトタイプのコックピットは、オーセンティックさと最新の技術を融合したデザインとなっています。

新型フェアレディZプロトタイプ

12.3インチのフルデジタルメーターディスプレイは、エンジン回転計の針が真上を示すと同時に、シフトアップインジケーターが点滅しドライバーにシフトアップを促し、スポーツドライビングをアシストします。またクルマの状態を示す他の計器類も、一目でクルマが最適な状態であることがわかるようにデザインされています。

新型フェアレディZプロトタイプ 新型フェアレディZプロトタイプ

新たにデザインされたZ専用のステアリングは、スポーツカーであることを表現するディープコーン形状とし、操作性のよいグリップ形状や視認性良くまとまったスイッチ類によって、性能を最大限引き出すポテンシャルを兼ね備えたデザインです。

新型フェアレディZプロトタイプ

ボディカラーに合わせた黄色いステッチがインストルメントパネルの各所に施され、シート中央部にはグラデーション加工された黄色いストライプ模様がデザインされており、エモーショナルで立体感のあるスポーティーなインテリアを演出しています。

新型フェアレディZプロトタイプ

いかがでしたでしょうか? 歴代ZのDNAを受け継いだ新型フェアレディZプロトタイプ、とてもかっこ良いですね。なおパワートレーンはV6ツインターボに6MTという組み合わせとのこと。発売が今から楽しみですね。