日本導入を期待したい、日産のコンパクトSUV・マグナイトとは?

日産マグナイト

いまや世界中でブームとなっているSUV。そのため各自動車メーカーは様々なSUVを世界各地で生産しています。先日、日産がインドで発表したマグナイトもその一つ。コンパクトクラスのSUVですが、その精悍なルックスはなかなかクール。日本にもぜひ導入して欲しいくらいなのですが、今日はそのマグナイトをご紹介いたします。

 

日産マグナイト

車種名のマグナイトは「マグネティック」と「イグナイト」という言葉を組み合わせた造語。前者は顧客を惹きつけるデザインと製品を強調しており、後者はインドでの新たな時代の始まりへの期待が込められているそうです。

ボディサイズは4メートル未満となるとされており、つまりキックスの弟分的モデルとなる模様。エクステリアはアグレッシブかつスポーティで、若い世代をターゲットとしているようです。スキッドプレートのようなデザインとフェンダーモールによって、タフな雰囲気も十分感じられます。

気になるのはグリル。日産のVモーショングリルではないのが特徴的で、エンブレムは先ごろ切り替わった新タイプのもにが装着されています。

 

現時点ではエンジンや駆動方式などの情報は一切出ていないものの、全長4メートル以下のSUVは、日本にもジャストなはず。新生日産を担う一台として、ぜひ日本への導入も期待したいところですね。

オススメアイテム

アルミスポーツペダル