マツダ、後付けの「ペダル踏み間違い加速抑制装置」

ペダル踏み間違い加速抑制装置

 

マツダ、後付けの「ペダル踏み間違い加速抑制装置」を発売

 各自動車メーカーから踏み間違い防止装置がリリースされているが、遂にマツダも後付けの「ペダル踏み間違い加速抑制装置」を発売。
 対応車種はデミオとベリーサで、全国のマツダ販売店にて購入できる。価格は67,100円。

 この装置は、車両の前後に取り付けた超音波センサーが障害物を検知する仕組みで、ブザー音とインジケータで注意喚起をしてくれる。

マツダ

マツダ

 その上で、ブレーキペダルと間違えてアクセルペダルを強く踏み込んだ場合には、加速を抑制し、衝突時の被害軽減に貢献するシステム。

マツダ

 また、バックする時、時速約5km以上でアクセルペダルを踏んだ場合も、同様にブザー音とインジケータで注意喚起をし、加速を抑制して衝突の回避や被害の軽減を図る。

 この装置を取り付けることで、間違いなく、ペダル踏み間違いによる事故を減らすことができるだろう。
近年、多発している悲惨な事故を未然に防ぐためにも、高齢ドライバーはもちろん、運転に自信がある・なしに関わらず、こうした安全装置に目を向けてもらいたい。