K'SPEC NOW

Topics

2020年06月16日

全方位に飛躍的進化をとげた、新型レクサスISを大公開!

レクサスはかねてから公表していたISの新型を世界初公開。現行30系ISのいわばマイナーチェンジモデルですが、世界各地で走り込んでレクサスの乗り味をより高い次元に昇華。デザインではワイド&ローなフォルムにこだわり、プレス技術によって鋭い造形を実現。進化した先進安全技術も積極的に採用し、大幅な進化を遂げています。

 

新型レクサスISの特徴・エクステリア

・新開発の小型軽量ユニットを搭載した薄型のヘッドランプの採用に加え、低く構えたグリルと、下げたサイドのキャラクターライン、トランク後端の造形で重心の低さを表現。

・張り出したフェンダー、L字をモチーフにした一文字型のテールランプを採用。さらに新意匠の19インチタイヤや、ワイドトレッドによりスポーティなプロポーションを実現。

・傾斜したクォーターピラーが回り込む引き締まったキャビンシルエットとしたほか、張り出したリヤフェンダーとのコントラストでアグレッシブな印象を際立たせました。

・上下方向のプレスに合わせて金型が横方向からスライドする機構を追加した、「寄絞り(よせしぼり)型構造」の最新プレス技術を採用。ラゲージ部のキャラクターラインにおいて、高精度でよりシャープな造形を実現しました。

・新意匠のスピンドルグリルは先端を起点に立体的な多面体構造とすることで押し出し感を強調。また、ブロック形状とメッシュパターンを組み合わせ、スポーティな印象としました。

・ボディカラーは強い陰影により造形を際立たせるソニックイリジウムと、金属質感と高光沢を実現したソニッククロムの2色を新規開発しました。

・F SPORTでは専用のFメッシュパターンを採用。その他にもエアインテーク、専用19インチアルミホイール、リヤスポイラーなどの専用装備や、専用外板色ラディアントレッドコントラストレイヤリングを採用しました。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 

 

新型レクサスISの特徴・インテリア

・新たにタッチディスプレイを採用するとともに、SmartDeviceLinkTM、Apple CarPlayやAndroid Autoに対応。スマートフォンを10.3インチタッチワイドディスプレイに連携することで、画面操作や音声操作が可能になるなど利便性が大きく向上しました。

・インテリアパネルをツートーン配色とすることで、左右方向の広がりを強調しました。また、高揚感を感じさせるカラーコーディネートとしました。

・ドアトリムの一部に新しい加飾表現である複数のエンボスラインを交差させたグラフィックパターンを採用。オーナメントパネルにアッシュ(オープンフィニッシュ/墨ブラック)、ブラックジオメトリーフィルム、F SPORT専用サテンクロムを新規採用しました。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 

 

新型レクサスISの特徴・走りと安全性

走り

・2.5Lハイブリッドモデルはアクセル開度に対するエンジンとモーターの駆動力制御を変更。2.0Lターボモデルではアクセル開度などから走行環境を判定し、シーンに応じて適切なギヤ段を設定するアダプティブ制御を採用。

・ボディ剛性を高めたことで、ノイズや振動を排除し、乗り心地が向上。

・新採用の19インチタイヤはコーナリングフォースを大幅に向上。さらにホイールの締結にハブボルトを採用し、締結力の強化と質量の低減を図ることで、気持ちの良いハンドリングとブレーキングを実現しました。

・オイル流路に非着座式のバルブを設け、微小な動きに対しても流路抵抗による減衰力を発生させる「スウィングバルブショックアブソーバー」を採用。アブソーバーのストローク速度が極めて低い場合でも減衰力を発揮することで、応答性が良く上質な乗り心地を実現しています。

安全性

・単眼カメラとミリ波レーダーの性能向上により、昼間の自転車運転者や夜間の歩行者も検知可能な「プリクラッシュセーフティ」の対応領域を拡大。加えて緊急時操舵支援や低速時加速抑制などの機能が追加されました。

・「レーダークルーズコントロール」および、「レーントレーシングアシスト」の車線認識性能を向上しました。

 

新型レクサスISの主要諸元

 

いかがでしょうたでしょうか?なおこの新型ISですが、日本では今年の秋の発売を予定しているそうです。


関連記事