K'SPEC NOW

Topics

2020年06月11日

新型ハリアー米国進出。トヨタUSA「ヴェンザ」を発表

VENZA_2020

トヨタUSAがCUVカテゴリー(クロスオーバー・ユーティリティー・ヴィークル)の新型車「ヴェンザ」を発表しました。その姿は6月中旬から日本国内で発売される新型「ハリアー」と瓜二つ。むしろ全く一緒じゃないかコレ!?
実はその通りで、ヴェンザは先代まで独自の車体が用意されていましたが、2代目となる最新モデルは4代目ハリアーの輸出仕様。逆に考えれば4代目ハリアーはグローバル戦略車として、アメリカ市場への再進出を果たしたということです。今回は新型ヴェンザにスポットを当て、詳細をチェックしていきたいと思います。

LEXUS RXとして発売されていた1代目・2代目ハリアー

LEXUS_RX_1LEXUS RX(1代目)
LEXUS_RX_2LEXUS RX(2代目)

そもそも初代と2代目のハリアーはLEXUS RXとして米国で販売されていた過去があります。3代目のRXから独自モデルとなり、現在の4代目RXはレクサスらしい高級感とSUVの重厚感を両立したデザインで、レクサスを代表するSUVとしての地位を確立しています。
そのハリアーが今度はRXではなく、“TOYOTA USAのVENZA”の2台目として米国に再進出することになりました。

「ヴェンザ」ってどんな車?

VENZA_2009 VENZA_2009

米国およびカナダ国内で販売されていた初代ヴェンザは2009年に発表。2013年にマイチェンが行われ販売地域が拡大するも、その後改良が加えられることなく2017年に全ての国での販売が終了しました。

ハリアーの輸出仕様「新型ヴェンザ」

VENZA_2020 新型ヴェンザ
4代目ハリアー
新型ハリアー

こちらが2020年夏頃に発売される新型ヴェンザ。エクステリアやインテリアはもちろん、ホイールも同じデザインだということが分かります。ハリアーには2Lガソリンモデルもラインナップされていますが、ヴェンザはエンジンは2.5L直列4気筒のハイブリッドモデルのみ設定。もちろん最新のトヨタセーフティセンスも搭載されています。

VENZA_2020新型ヴェンザ
新型ハリアー新型ハリアー

その他のヴェンザの画像はこちら

VENZA_2020
VENZA_2020
VENZA_2020
VENZA_2020
VENZA_2020
VENZA_2020
VENZA_2020
VENZA_2020
VENZA_2020
VENZA_2020
Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

関連記事