K'SPEC NOW

Topics

2020年06月09日

BMW4シリーズのグリルが凄い!

BMW

新型『4シリーズクーペ』のグリルが凄い。

先日、欧州で発表された新型4シリーズクーペ。BMWというと紳士的でスマートなイメージが強いが、この新型4シリーズクーペはどうだろう。超縦長のキドニーグリルの存在感が抜群で、これまでの雰囲気とは一変、派手さやイカツさも携えている。

BMW

すでにBMWフリークの間では賛否両論が巻き起こっているそうだが、このフロントバンパーのほぼ下端まで伸ばされたグリル形状により、エンジン冷却効果など、様々な機能性アップに一役買っている。

ちなみに、ボディサイズは、全長4768mm、全幅1852mm、全高1383mm、ホイールベース2851mm。従来よりもひとまわりほど巨大化。

BMW

BMW 

ヘッドライトは細目のスリムなデザイン。オプションでBMWレーザーライトというアダプティブLEDヘッドライトも選択できる。そして、テールランプはL字型のライトバーが特徴で、やはり、今までのBMWとはひと味違う雰囲気を宿している。

まずは欧州市場からのリリースで、日本市場への投入は今年の秋になるそうだ。グリルが凄いBMW4シリーズクーペ。発売が楽しみだ。

   BMW NEW4シリーズ公式サイト     

 


タグ:

関連記事