K'SPEC NOW

Topics

2020年02月20日

最近気になるあのクルマを再チェック!ミツビシeKクロススペースとは?

昨年の東京モーターショーで初お披露目された、ミツビシのスーパーハイトKワゴンコンセプト。その名前がeKクロススペースに正式決定したのを機に、改めてどんなクルマなのか、今春の発売を前に改めてチェックしてみましょう。

 

eKクロススペースとは?

「SMILES & FREESTYLE」をテーマとしたデザイン、軽スーパーハイトワゴンならではの広々とした快適な居住空間を実現し、同カテゴリーに求められる性能と機能を盛り込んだ、三菱自動車らしさを追求した新型軽スーパーハイトワゴンです。

フロントフェイスにミツビシのデザインコンセプト「ダイナミックシールド」をeKクロスに続き採用。水平垂直基調のバンパーやグリルにより、SUVらしい力強さと安定感を表現しています。バンパーサイドへとつながるフェンダーにより、しっかりと路面をつかんで踏ん張るイメージも感じられます。
フローティングルーフやベルトラインから繋がるリヤで上部に切れ上がるジェットフィンピラー(Dピラー)を採用し、薄く滑らかなキャビンを表現しつつ、力強く厚いボディとのコントラストにより、トップクラスの居住空間でありながら、キビキビとした走りを想起させるサイドビューとしました。サイドシルガーニッシュとホイールアーチはブラック処理され、前後バンパー下部のスキッドプレート形状部をシルバーとすることで、SUVらしさを強調しています。

 

スタンダードなeKスペースもあり!

フロントフェイスは開口部の少ないボディ同色のグリルでしっかりと丁寧に作りこまれた品質感を表現。ヘッドランプからボディサイドへと連続するキャラクターラインにより、一体感があり伸びやかでスタイリッシュなデザインとしています。

 

新型『eKクロス スペース』『eKスペース』スペシャルサイトはこちら

関連記事