K'SPEC NOW

Topics

2020年02月17日

最近気になるあのクルマを再チェック!ダイハツTAFTコンセプトとは?

東京オートサロンのダイハツブースに、突如として姿を現して話題をさらった、TAFTコンセプト。スズキの人気軽SUVであるハスラーをターゲットに据えたと思われるこのTAFTコンセプトを、今日は改めてご紹介してみたいと思います。

 

TAFT(タフト)コンセプトとは?

TAFTコンセプトは、「Tough & Almighty Fun Tool」をコン セプトに、2020年の半ばごろの発売に向けて開発を進めている、軽クロスオーバーのコンセプトモデルです。日常生活からレジャーまでアクティブに使える新感覚の軽クロスオーバーであり、開放感あふ れるガラスルーフや、フラットで使い勝手の良い荷室空間といった、毎日を楽しくしてくれる装備が充実しています。

taftコンセプト

スキッドプレート風のデザインや、タイヤを見せる切れ込みなど、フロントバンパーはタフギア感が満載。縦型スリットのグリルや樹脂製オーバーフェンダー風の造形も、オフロードっぽさを盛り上げます。

taftコンセプトルーフ

室内はスクエア基調でまとめられており、ツール感がありあり。ラゲッジボードも樹脂製になっていて、アクティビティに大活躍しそうです。そして特徴はガラスルーフの採用。コンセプトなので市販車に採用されるかは未定ですが、開放感たっぷりで、ついつい遠くに出かけたくなりますね。

taftコンセプト

そんなTAFTコンセプトですが、東京オートサロンに展示された車両は完成度も高く、このまま市販化されてもおかしくない感じ。今年の半ばの発売予定ということですが、今から楽しみですね!


関連記事