K'SPEC NOW

Topics

2020年02月01日

TRD×モデリスタ。 2社がタッグを組んで作ったプリウス。

プリウス

 

TRDとモデリスタ。なんと、トヨタ直系の人気チューナー2社が手を組み、1台の車輌を製作。それが「Ambivalent “RD” PRIUS PHV CONCEPT」である。

ベースはプリウスPHV。グリルレスのフロントマスク、ブラックアウトされたヘッドライト。フロントバンパーの左右にはイルミネーションを投入し、さらにホイールだって星形に輝く。未来感というよりも、マンガに登場しそうな個性的なデザイン。

 

プリウス プリウス プリウス

 

どうしてTRDとモデリスタが手を組んだのか。簡単にいうと、2018年4月に統合したから。現在、TRDとモデリスタは、トヨタ・カスタマイジング&ディベロップメント(TCD)という会社によって運営されている。

そして、これまで、それぞれが持っていたノウハウを集結し、満を持して完成させたのが、このAmbivalent “RD” PRIUS PHV CONCEPTなのである。

ゆえに、車輌のデザインはそれを得意とするモデリスタが担当。そして、性能面はTRDが担保。ちなみに、車輌名に入っている「Ambivalent」とは「二つの感情を同時に持つ」という意味で、デザインのモデリスタ、技術のTRDのことを示す。

コンセプトモデルということもあり、とんでもなく大胆なデザインではあるが、TRDによって空力処理も施されているそう。つまり、理に適ったデザインになっているのだ。

 

プリウス

 

このモデルは、あくまでも技術力を見せつけるコンセプトモデルであり、これがそのまま市販化されることはない。しかし、手を組んで1台を作り上げたというのは、紛れもない事実で、今後、何かの拍子でTRD×モデリスタのアイテムが出ないとも限らない。今後の動向にも期待したい。

 

プリウス

Ambivalent “RD” PRIUS PHV CONCEPTは東京オートサロンのモデリスタブースで初お披露目。初日のプレスカンファレンスには、クルマ好きとしても有名な釈由美子さんが登壇。


タグ:

関連記事