K'SPEC NOW

Topics

2020年01月21日

2DINだけど大画面10インチモニター! フローティングナビの機能をご紹介!

今回は東京オートサロン2020で発表となった、フローティングナビをご紹介。こちらの本体は2DINサイズにもかかわらず、フローティング形状によって10インチもの大画面を実現。また、昨年デビューしたカーマルチメディアシステム・アースの機能をそのまま搭載した、超高機能アイテムなんです。

 

ホーム画面

ホーム画面はまるでスマホ。表示されているアプリケーションをタップすれば、その機能を呼び出せます。表示されていないアプリケーションは、指でスワイプすれば画面が切り替わり表示されます。

 

ナビゲーション

フローティングナビ

ナビはグーグルマップを利用。音声での目的地入力もできるし、地図の更新をしないで済むのも大きなメリットです。

 

インターネット

フローティングナビ

もちろんグーグルクロームでのインターネット閲覧も可能。これもアンドロイドOSを搭載しているからこそですね。

 

ラジオ

フローティングナビ

災害時に役立つラジオも聞くことができます。

 

動画

フローティングナビ

あらかじめ取り込んだり、スマホとリンクさせたりと、様々な形で動画を楽しむことも可能です。

 

アプリケーション

フローティングナビ

グーグルプレイで様々なアプリケーションをダウンロードして追加することもできちゃいます。

 

Bluetooth電話

フローティングナビ

Bluetooth接続で、電話をかけたりとったりすることもできますよ。

 

ミュージック

フローティングナビ

あらかじめ取り込んだ音楽を鳴らすことはお手の物です。

 

ミラーリング

フローティングナビ

スマートフォンの画面をミラーリング機能で表示することもできます。

 

代表的な機能をご紹介してきましたが、まだまだフローティングナビはできることがいっぱい。新しい情報が入り次第、またご紹介していきたいと思います。

 

フローティングナビ

フローティングナビ

発売時期:今春予定

予価:5万2800円(税別)

 


関連記事