K'SPEC NOW

Topics

2020年01月08日

日産自動車が「シーマ」と「フーガ」の仕様向上を発表

シーマ フーガ

ポイントは先進安全装備の拡充で、走行中に前方の車両や障害物、静止した歩行者も検知し、衝突被害の軽減や追突の回避支援を行う「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」を標準装備。

また、進行方向の壁や車両などの障害物を検知し、アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違いによる障害物への衝突防止を支援する「踏み間違い衝突防止アシスト」も装備。

シーマ フーガ

シーマ フーガ

さらに、先行車または対向車や周囲の明るさなどに応じ、自動的にハイビームとロービームを切り替える「ハイビームアシスト」といった、先進安全機能も装備させた。

ちなみに、フーガに関しては、ニッサン インテリジェント モビリティを具現化する先進安全技術の更なる進化に伴い、ブランドバッジを「日産」に変更したのもトピックス。

 

シーマとフーガ

シーマは初代モデルから引き継がれているDNA、圧倒的な走行性能、高い動力性能、安全性、快適性、環境性能が支持されているフラッグシップセダン。一方のフーガも、高い走行性能、ダイナミックかつエレガントなデザイン、全方位の安全性能で好評を得ている車輌。

こうした先進安全装備を拡充したことで、「シーマ」「フーガ」ともに、さらに安心して乗れるモデルとなった。

ニッサン https://global.nissannews.com/ja-JP/releases/191223-01-j

 


関連記事