K'SPEC NOW

Topics

2019年12月23日

新世代コンパクトカー「トヨタ・ヤリス」が2020年2月10日に販売開始

トヨタヤリス

2020年2月10日からトヨタ「ヤリス」の販売が開始されます。国内では1999年にヴィッツとして生まれた車種が、4代目となる今回のモデルから海外と同名のヤリスに統一され装いも新たに登場します。

トヨタ ヤリス

トヨタヤリス トヨタヤリス

新型車ヤリスは、コンパクトカーならではの「軽快なハンドリング」という強みを生かしつつ、既成概念を大きく超える「上質な乗り心地」と「最新の安全・安心技術」を備えたクルマを目指して開発。コンパクトカー向けとしては初めてのTNGAプラットフォーム(GA-B)を採用し、軽量かつ高剛性、低重心なボディを開発。

トヨタヤリス トヨタヤリス トヨタヤリス

搭載するパワーユニットはハイブリッド車とガソリン車を合わせて3種類。ハイブリッド仕様は、新開発「直列3気筒1.5Lダイナミックフォースエンジン」とモーターの組み合わせで、力強くシームレスな走りとともに、クラス世界トップレベルとなるWLTCモード36.0km/Lの低燃費を実現しています。ガソリン車は直列3気筒1.5Lダイナミックフォースエンジンに、スムーズでダイレクトな加速を実現するDirect Shift-CVT組み合わせています。それに加えて6速マニュアルしよを採用。さらに、改良を加えた1.0Lエンジンと小型軽量化したCVTとの組み合わせもラインアップし、選択の幅を広げています。

また、運転をサポートする支援技術や安全機能、便利機能も数多く採用。トヨタ初となる高度駐車支援システム「Toyota Teammate[Advanced Park(パノラミックビューモニター機能付)]」や、交差点右折時の対向直進車・右左折後の横断歩行者も検知対象とした最新の「Toyota Safety Sense」など、他車に先駆けて採用された先進機能が盛り沢山。スマートフォンと連携する「ディスプレイオーディオ」も全車に標準装備しています。

ギャラリー

トヨタヤリス
トヨタヤリス
トヨタヤリス
トヨタヤリス
トヨタヤリス
トヨタヤリス
トヨタヤリス
トヨタヤリス
トヨタヤリス
トヨタヤリス
トヨタヤリス
トヨタヤリス
トヨタヤリス
トヨタヤリス
トヨタヤリス
トヨタヤリス
トヨタヤリス
トヨタヤリス
トヨタヤリス
トヨタヤリス
トヨタヤリス
トヨタヤリス
トヨタヤリス
トヨタヤリス
トヨタヤリス
トヨタヤリス
トヨタヤリス
トヨタヤリス
トヨタヤリス
トヨタヤリス
トヨタヤリス
トヨタヤリス
トヨタヤリス
トヨタヤリス
トヨタヤリス
トヨタヤリス
トヨタヤリス
トヨタヤリス
トヨタヤリス
トヨタヤリス
Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

車輌詳細

ヤリス 車両情報はこちら:https://toyota.jp/yaris/


関連記事