K'SPEC NOW

Topics

2019年12月04日

中国で発表されたUX300eとは、レクサス初の電気自動車の市販モデルだった!

先日まで行われいていた広州モーターショーで、レクサスがUX300eというモデルを世界初公開したのをご存知でしょうか? 実はそのクルマ、レクサス初の電気自動車の市販モデルだったのです。名前からもわかる通り、ベースは都市型SUVのUXなのですが、電気自動車として中身を一新。どのような仕上がりなのか、ご紹介します。

 

UX300eの主な特徴

・レクサスのEVならではの上質な走りと静粛性

EVの開発においても「すっきりと奥深い走り」を追求。UXが持つ素性の良い走りを、EV化によりさらに高いレベルに引き上げ、EVならではの乗り味を実現した。また、優れた静粛性をEVにおいても追求した。

・ハイブリッドで培った電動化技術の高い信頼性と利便性の実現

ハイブリッドシステムの開発で培った知見を活かし、EVシステム全体の性能向上を図りながらバッテリーの信頼性にもこだわって開発。不自由なく日常の移動が可能な航続距離400kmを確保。さらに先進のコネクティッド技術を採用し、スマートフォンと連携した高い利便性を実現。専用アプリとの連携で、バッテリー残量や走行可能距離表示、充電の必要があるかを確認可能。また、充電完了までの時間を把握したり、出発時刻に合わせて充電が完了するようタイマーを設定することも可能。

 

・UX譲りの個性的なデザインや高い機能性

コンパクトクロスオーバーUXが備えている個性的なデザインや高い機能性はUX300eにも継承。車両全体での優れたパッケージングを実現。タフさと俊敏な走りを想起させる大胆かつ洗練されたエクステリアに加え、優れた空力性能を確保するために専用ホイールや床下空力カバーを新開発した。インテリアはシフトバイワイヤを採用したセンターコンソールなど、すっきりとしたEVらしい操作系を実現した。

 

UX300eのギャラリー

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 

UX300eの発売時期や価格

日本での具体的な価格は、まだアナウンスはありません。しかし発売は中国やヨーロッパが2020年以降で、日本では2021年前半の予定とされています。


関連記事