K'SPEC NOW

Topics

2019年11月06日

新型車グランエースとは?

東京モーターショーが終幕。改めて、今回のショーを振り返ってみると、現実的な車輌の中で最も注目を集めたのは、トヨタのグランエースで決まりだろう。アルファード&ヴェルファイアが牽引する上級ミニバンカテゴリー。グランエースはデザインやボディサイズから見ても、その上を行く存在であり、アルファード&ヴェルファイアのオーナーたちが流れ込むのは間違いない。

新型車グランエースとは?

新型車グランエースは、上質かつ快適な移動空間として、全長5.3m、全幅1.97mのワイドなサイズを活かした圧倒的な存在感を有するフルサイズワゴン。セミボンネットのパッケージを採用し、3列シート6人乗りと4列シート8人乗りの2タイプを設定。上質な乗り心地や優れた操縦安定性を備えた高い基本性能と、ゆとりの室内空間が特長だ。

ちなみに、グランエースという名前は、スペイン語で「大きな/偉大な」を意味する「GRAN」と、英語で「第1人者・優れた者」を意味する「ACE」からの造語である。

金属調加飾の大型ラジエーターグリルをヘッドランプと融合させ、上下、左右方向に張り出させることで、華やかかつ、押し出しの強いフロントフェイスを実現。グリルと連続しヘッドランプに突き刺さる特徴的なLEDデイタイムランニングランプとクロム加飾フレームで一括りにしたプロジェクター式2眼LEDヘッドランプが高級車に相応しい先進性を表現。

内装は、ブラックを基調としたインストルメントパネルを採用し、空調吹き出し部に金属調加飾、助手席正面に木目調加飾を配して華やかさを演出。またメーターフードには、表皮巻きと本ステッチを施し上質さを表現している。

何よりもポイントなのはサイズ感!

3列6人乗りに加え、4列8人乗りのタイプも設定。ユーザーの多様なニーズに応じ選択可能。セカンドシートならびにサードシートの4席には、ゆったりとくつろげる専用の本革キャプテンシートを採用し、上質な移動空間を提供。座り心地の良さに加え、ロングスライド機構やオットマン機構などを装備し、快適性や利便性の良さも追求している。

気になる発売時期は「2019年内に発売」とのこと。アルファード&ヴェルファイアと同様に、上級ミニバンカテゴリーを主役となるのか。今後の反響に注目だ!

●トヨタ https://global.toyota/jp/mobility/toyota-brand/features/tms/2019/


タグ:

関連記事