K'SPEC NOW

Topics

2019年10月20日

レクサス、トヨタ、ニッサン、ホンダ。
東京モーターショー2019で、絶対に目にするべき車6選!

もう間も無く東京モーターショー2019が開幕。輸入車メーカーがほとんど出展しない今開催ですが、それでも初お披露目となる国産勢からはコンセプトカーや新型車がたくさん登場。ということで、今回は絶対に見逃せない新型車やコンセプトカーの情報をご紹介いたします。ドント、ミスイット!

 

レクサス・EVコンセプトカー

自動運転や電動化などモビリティ社会が変化し続ける時代においても、お客様へクルマを中心とした体験を通じ、豊かなライフスタイルを提供し続けることを目指すLEXUSのビジョンを象徴するコンセプトカーです。

レクサスEVコンセプトカー

 

トヨタ・MIRAI Concept

空気中の酸素と化学反応させて発電した電気で走るクルマ、MIRAI。今回のモーターショーで披露されるMIRAI Conceptは、2020年末の発売に向けた次期「MIRAI」の開発最終段階のモデルです。MIRAI Conceptはエコカーの枠を超えた、走りを予感させるダイナミックさと誰もが思わず振り返るエモーショナルな美しさを併せ持つスタイリングを追求。さらに、走る楽しさを持つクルマづくりに徹底的にこだわり、今までにない気持ちの良い走行フィーリングの実現します。

トヨタMIRAIコンセプト

 

トヨタ・新型ヤリス(新型ヴィッツ)

日本ではヴィッツの名でお馴染みですが、欧州ではヤリスとして発売されているトヨタのコンパクトカー。その新型が、東京モーターショーの期間中にお台場ヴィーナスフォートで展示されます。今後トヨタの先進国向けコンパクトカーのベースとなるTNGAプラットフォームを初採用したほか、エンジン、ハイブリッドシステム、トランスミッション、サスペンションなど、すべてをゼロベースから作り上げた、新世代コンパクトカーです。

トヨタ新型ヤリス

 

トヨタ・グランエース

新型車グランエースは、上質かつ快適な移動空間として、全長5.3m、全幅1.97mのワイドなサイズを活かした圧倒的な存在感を有するフルサイズワゴンです。セミボンネットのパッケージを採用し、3列シート6人乗りと4列シート8人乗りの2タイプを設定。上質な乗り心地や優れた操縦安定性を備えた高い基本性能と、ゆとりの室内空間が特長です。

トヨタグランエース

 

ホンダ・新型フィット

ホンダの大ヒット車種、フィットも東京モーターショーで新型が公開。新型フィットは、Hondaの新たなクルマづくりの考え方に基づき、数値だけを追求することなく、乗ったすべての人が“心地よい”と感じ、日常をさらに豊かにするクルマへ生まれ変わります。

ホンダ新型フィット

 

ニッサン・ニッサンIMk

ニッサン IMkは、新開発のEVプラットフォームを採用し、軽自動車クラスのサイズでありながら、これまでの常識を覆すEVならでは力強くスムーズな走りと驚きの静粛性を実現する革新的なシティコミューター。最新の運転支援技術やコネクテッド機能を搭載し、ドライバーが自信を持って運転できるようサポートし、クルマでの移動をもっとワクワクした体験へと変えていきます。エクステリアには都市部の洗練された景観から日本らしい伝統的な街並みにも自然に溶け込む上質でシックなデザインを取り入れ、新しい時代の小型EVの姿を提案しています。

ニッサンIMk

 

第46回東京モーターショー2019 開催概要

・一般公開日:2019年10月25日(金)〜11月4日(月祝)

・一般公開日入場料:一般/2000円(前売1800円、日祝除く16時以降1000円)
高校生以下無料、障害者手帳をお持ちの方無料

・会場:東京ビッグサイト青海・西/南展示棟、MEGA WEB、シンボルプロムナード公園、TFTビル横駐車場など

https://www.tokyo-motorshow.com/

 


関連記事