K'SPEC NOW

Topics

2019年09月18日

新型カローラはLINEが標準装備!?

LINEスマホ

今話題のLINEカーナビ。「目的地をわざわざ打ち込まなくて良いので便利」「Clovaが搭載されているので、メッセージなど多くの機能をハンズフリーで行えて便利」「ながらスマホ事故防止に良い」など、すでに大好評!

LINEスマホ

トヨタとタッグを組んで生まれたLINEカーナビ。その詳細は前回にお伝え済みなので、詳しくはそちらをご覧頂くとして、今回は「SDL対応機器との連携が可能になった」というニュースをお伝えしよう。

9月17日にデビューしたトヨタのカローラとカローラツーリングとカローラスポーツ。LINEカーナビはそれらに標準装備されている車載器を皮切りに、SDL対応機器と連携できるようになったのだ。

SDLとは、スマートフォンのアプリをカーナビなどの車載機で使えるようにする規格のこと。スマートフォン等とSDL対応機器をBluetoothとUSBケーブルで接続することで使えるようになる。

LINEスマホ

つまり、より大きな画面でスマートフォンのサービスを利用したり、車載機を買い換えることなく最新のサービスを利用したり、レンタカーなど自分の車以外でも使い慣れたサービスをそのまま利用したり、色んなことができるようになったのだ!

もちろん、LINEカーナビはアプリ単体でも利用可能。スマホが一つあれば、便利機能を使いことなすことができる。

しかし、トヨタ純正のマルチ(今のところは新型カローラとカローラツーリングとカローラスポーツ用のみだが)や、SDL対応機器なら、よりスマートにLINEカーナビを味わい尽くすことができるわけだ。

トヨタは今後、LINEカーナビとリンクできる車載器を順次、標準搭載していくそう。これからの時代は、AI機能を備えたカーナビアプリが、時代の最先端を担うことになる。

 

【LINEカーナビアプリ概要】

対応OS: iOS 11.0以降、Android 5.0以降の64bit版OS
対応言語:日本語
サービス地域:日本
価格:無料
開発・運営:LINE株式会社

App store:https://apps.apple.com/jp/app/line/id1468469241
Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.linecorp.clovaauto

 

LINEスマホ


タグ:

関連記事