K'SPEC NOW

Topics

2019年08月19日

LINEカーナビ、始まる。

LINE

カーナビ、皆さんは何を使っていますか? 使い易さでいうと、やっぱり一番は安定のグーグル。サクサクっと、そして、テキパキと目的地まで案内してくれます。高速道路を頻繁に使うって方は、ヤフーが提供しているヤフーカーナビを使っている人が多いみたい。オービスの位置をお知らせしてくれるので、「運転にメリハリがつけられて便利!」っていう声をよく耳にします。そして、そんなカーナビ戦国時代の中、遂にLINEがカーナビを始めます。ご存知ですか??? 9月から無料アプリとして配信するんですよ。

そのLINEカーナビは一体どんなものなんでしょか。

LINEカーナビ。非常に安心感というか、好感が持てるのは、トヨタ自動車とコラボしているという点です。トヨタと共同開発で、このLINEカーナビは生まれました。

ゆえに、スマホ単独での使用もちろん、一定の条件を満たせば、愛車のカーナビと連動させることも可能。当たり前ですが、トヨタが開発した高精度な地図データを採用しているので、機能的な部分でも全く問題はないでしょう。

LINEが今、カーナビ市場に進出し、業界で大きな注目を集めているのは地図ではなく、どちらかというと、Clovaの機能を車内で使える点が大きい。

Clova。テレビCMでも頻繁にLINEがアピールしているので、ご存知の方が多いと思いますが、ClovaとはLINEが誇るAIアシスタントのこと。「ねぇクローバ、音楽かけて」とか、「ねぇクローバ、ラインを返信して」とか、音声操作ができる優れものですね。

LINE

一応、この手のことができるハンズフリーのカーナビは、実は今でも色々あります。が、正直、使う頻度は低め。しかし、このClovaはLINEのユーザーにとっては非常に便利。「ねぇクローバ」の一言で、送られてきたLINEを読み上げてくれたり、そのLINEに対して返信してくれたり。

これまでは、LINEのやりとりのために、わざわざクルマを停車させたり、または、運転中に操作をしているという人も少なくないのが実情。そういった意味では、この音声機能が使えるLINEカーナビは、便利かつ、事故を減らすことにも貢献しそうです。

長年、トヨタが培ってきたカーナビ分野。そして、近年、LINEが発展させてきたAIアシスタントの分野。その2つを融合させたLINEカーナビ。果たして真価はいかに。9月のサービス開始日が楽しみですね!

 

●LINEカーナビ


関連記事