K'SPEC NOW

Development

2019年07月18日

スクープ続々!マツダCX-3用フルバンパーエアロのクレイモデルを激写!

目下エアロの開発ラッシュ中のシルクブレイズに潜入して、またまた新たなエアロのクレイモデルを激写してまいりました。気になるベース車は、コンパクトSUVのマツダCX-3。ところがその姿はみなさんが知っているお馴染みのマツダフェイスではなく、まるで欧州車のような佇まいでした。ではどうぞご覧ください!

 

マツダCX-3用グレンツェンエアロ・クレイモデル

CX-3用グレンツェンエアロ・クレイモデル

まず目に飛び込んでくるのは、巨大な開口部を持つグリルです。ここ最近のマツダ車とは形状もサイズも明らかに異なり、よりワイルドな面構えになっています。下回りもダクトやフォグポケット、はたまたリップ部の複雑に折り重なった造形で、スポーティ感がムンムン。国産車とは思えない、ヨーロピアンスポーティを感じさせます。

 

CX-3用グレンツェンエアロ・クレイモデル

前述のグリルは、その大きさだけやカタチだけでなく、中のフィンも注目ポイント。8本の縦ルーバーはただの直線ではなく、斜めから見ると中央やや↓のあたりにくびれがあるのがお分かりでしょうか。この辺りの造形がスポーティさと、高い質感を醸し出すポイントなのではないかと思います。
フォグポケットのあたりも縦と横の造形が組み合わさっていて、実際はどのようなカタチになるのか非常に楽しみですね。

 

 


関連記事