K'SPEC NOW

Topics

2019年07月11日

後付け踏み間違い加速抑制システム
〜交通事故死傷者ゼロを目指して〜

後付けの踏み間違い加速抑制システム

最近、大きなニュースになっている踏み間違いによる事故。悲惨な事故を防ぐために、TOYOTAが本腰を入れてきた。昨年12月より、5車種に後付けの踏み間違い加速抑制システムを導入してきたが、2019年内に順次、12車種に拡大しする予定。この「踏み間違い加速抑制システム」は新車だけでなく、今乗っているクルマにも取り付け可能だ。

気になる対象車種は、6月3日には「ポルテ」「スペイド」「ウィッシュ」。さらに10月には「カローラアクシオ」「カローラフィールダー」「パッソ」。そして、12月には「ヴィッツ」にも装着できるようになる。

価格は5万580円(ポルテ・スペイド・ウィッシュ用)で、別途取り付け工賃が必要なる。

TOYOTAが目指すのは「交通事故死傷者ゼロ」。それに向けた取り組みである「後付けの踏み間違い加速抑制システム」は、大いに評価したい試みだ。

 

システム概要

車両の前後に取り付けた超音波センサーによって、前方、または後方約3m以内にある壁などの障害物を検知し、ブザー音で注意喚起。

それでもブレーキと間違えてアクセルを強く踏み込んでしまった際には、加速を抑制し、衝突被害の軽減する。

また、後退時は、障害物を検知していない状態でも、約5km/h以上でアクセルを踏んだ場合、速度が出過ぎないよう加速を抑制。

駐車場などでのブレーキとアクセルのペダル踏み間違い事故は、75歳以上の高齢ドライバーに高い傾向があるそう。その対策として「後付けの踏み間違い加速抑制システム」は大いに期待できる。

悲惨な事故を1件でも無くすために、トヨタの取り組みに注目したい。


タグ:

関連記事