K'SPEC NOW

Development

2019年05月07日

人気のMAZDA CX-3を欧州SUV意識のワールドワイドなスタイルに変貌!

CX-3

マツダのクロスオーバーSUVがCX-3(シーエックス・スリー)。コンセプトは「人馬一体」で、クルマとひとつになって自在に駆け、どこまでも走って行きたくなる、そんな未体験の楽しさが味わえる人気の一台。

ライバルは日産のエクストレイルとホンダのヴェゼルだが、スタイリッシュな見た目はもちろん、CX-3は3台の中で最も年式が新しく、かつ、最もお手ごろ価格で手に入るとあって人気。

ちなみに、現在の中古車相場は190万円で、120万円から300万円で推移しており、タマ数も比較的豊富にある。

口コミサイトなどで、実際に購入した人たちの意見を探ると、スタリングの良さを自慢する方が多い。逆に悪い点としては、室内空間、特に後部座席の狭さを弱点に挙げる方が多い傾向にある。とはいえ、総合評価は満点に近い評価をつける方が多く、CX-3はオーナー満足度の高い一台と言える。

 

●GLANZENシリーズ CX-3

CX-3

そんな大人気のCX-3用のエアロパーツを、有名ブランドのシルクブレイズが現在開発中。シリーズはGLANZEN。

「欧州のSUVを意識したワールドワイドなスタイルに一新させるデザインのフロントバンパー。セーフティーシステムも対応できるように進行中です。現在開発のため、若干のデザイン変更などもある恐れがあります。ぜひ、CX-3オーナーのみなさん、期待していてください」。

このエアロパーツを装着すれば、人気のCX-3がよりスタイリッシュに生まれ変わる。完成が楽しみだ。

シルクブレイズ(http://www.kspec.jp/silkblaze/catalog/


タグ: ,

関連記事