K'SPEC NOW

Topics

2019年04月13日

レクサスの次なる一手は、ミニバンなのか? その答えは4月16日の上海モーターショー2019にて。

レクサス

4月16日、間もなく開幕される上海モーターショー2019。上海モーターショーとは、北京モーターショーと交互に隔年開催されている、中国で最も大きな自動車展示会だ。

 

レクサス

そして、その会場で、レクサスが新型車を初公開することを発表した。その気になる新型車は、レクサス初となるミニバンだというのが有力説。

公開されたディザーイメージはヘッドライトとグリルのみで、ボディのシルエットは伏せられているが、レクサスが新型車に掲げた開発テーマは「ラグジュアリースペース」とのことで、現在のレクサスラインナップの中で、最も室内空間が広いモデルになるというウワサから、多くのメディアがミニバンだと予想している。

レクサス

レクサスの台湾部門(https://www.lexus.com.tw/)が発表したティザーイメージ。レクサスのアイデンティティであるスピンドルグリル。そして、3連ヘッドライト & L字型LEDデイライト。レクサスらしい端正な表情だ。

もしそうならば、トヨタの大人気車種・アルヴェルと真っ向から競合することになるわけだが、果たして、真実は??? レクサスファン、ミニバンファンにとっては、4月16日に開幕する上海モーターショー2019が待ち遠しいはずだ。


関連記事