K'SPEC NOW

Topics

2019年03月11日

センチュリー、再検証。

豊田佐吉の生誕100周年を記念し、1967年にセンチュリーは誕生した。それ以来、ご存知の通り、各界のVIPから愛されるショーファーカーとしての揺るぎない地位を築いた。
そのセンチュリーが昨年、21年振りのフルモデルチェンジを果たしたわけだが、改めて、そんな日本の宝の凄さを再チェックしてみよう。

センチュリーセンチュリーセンチュリー

 

●塗装技術

7層コートの間に3回の水磨ぎ。最終仕上げはバフを使って鏡面処理。これはもはや、クルマの塗装レベルではない。

カラバリは、神威(かむい)、摩周(ましゅう)、飛鳥(あすか)、精華(せいか)という風に、日本語で表現するのもセンチュリーならでは。

センチュリーセンチュリーセンチュリーセンチュリー

ちなみに、神威はエターナルブラック、摩周はシリーンブルーマイカ、飛鳥はブラッキッシュレッドマイカ、精華はレイディエントシルバーメタリックのことである。

 

●サイドシル

前席と後席で、サイドシルの高さを変えているというのも驚きのポイント。もちろん、主賓が乗り降りしやすいようにするためだ。

センチュリー

室内空間は文字通り、最上級。無段階調整の電動オットマン、11.6インチのリアエンターテイメントシステムなど、恐ろしいほど高級な装備。

センチュリーセンチュリー

座面クッションの中には5つのコイルを組み込み、柔らかなタッチのファブリックがそれを包み込む。ちなみに、Bピラーの内側には靴べら入れがあるそう。そう、センチュリーというクルマはスニーカーでは乗ってはいけない(!?)クルマなのである。

 

●超高級装備の数々

鳳凰エンブレムは、もちろん、手彫り。フロントグリルは七宝文様。時計も七宝文様。上を見上げると、紗綾形崩しの柄織物という、聞いたことのない仕上げが施された天井が。

センチュリーセンチュリーセンチュリーセンチュリー

日本の宝であるセンチュリー。街中で見る機会は皆無だが、今年は数多くの皇室行事が控えており、もしかすると、お目に掛かるチャンスがあるかも!?

 

センチュリー


関連記事