K'SPEC NOW

Topics

2019年02月19日

ハイエースに海外向けの新シリーズが登場!画像多数掲載!!

新型の登場が待ち望まれているハイエースに、ついに新型が加わります。昨日フィリピンにて世界初公開されました。が、しかし・・・、どうやら海外専用モデルとなる模様で、日本国内は従来の200系が継続販売されるとのこと。とはいえ、プラットフォームは刷新され、快適性や安全性は大幅にアップ。いずれこれをベースに国内ハイエースも新型に切り換らるのでは!? ということで、海外向けの新型ハイエースではありますが、まずはここでじっくりチェック!

 

海外専用新型ハイエースの写真ギャラリー

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 

 

海外専用新型ハイエースの概要

トヨタは2月18日、フィリピンでハイエースの海外向け新シリーズを世界初披露。新シリーズは刷新された専用プラットフォームをベースに、快適性、安全性を大幅に向上させるとともに、オーナーの日常生活やビジネスに活用できる優れた基本性能と高い耐久性を有しているそうだ。
昨今、自動車市場が拡大し続ける新興国・地域においては、物流に加えて、観光用ミニバス、乗合バス等の乗客輸送の需要が拡大。ハイエースの新シリーズは、このような多様なニーズに柔軟に応えるために開発された。
今回のフィリピンでの発売以降、来年にかけて、新興国を中心とした国・地域に順次投入。なお、市場環境が異なる日本においては、従来モデルのハイエースを継続する
フィリピンでの世界初披露に際して、開発責任者を務めるチーフエンジニアの石川拓生氏は「ハイエースは、『Hiace Pride』をキーワードに掲げ、『持つ、使う、乗ることで安心感・満足感と誇りを感じられるクルマ』をコンセプトに開発しました。ハイエースは、オーナー、ドライバー、そしてお乗り頂く全ての皆様にとって、かけがえのないパートナーを目指しています」と語った。
ハイエースは、1967年に初代を発売して以降、世界約150ヵ国、累計624万台以上販売されているトヨタの代表的なグローバルカーの1つ。長年、高い耐久性と信頼性を強みに、バンやミニバス、プライベートの移動手段として活用され、現在、海外では主にアジア、中東、アフリカ、オセアニア、メキシコ、中南米地域で販売されている。

 

海外専用新型ハイエースの特徴

エクステリア
・「ショート・標準ルーフ」、「ロング・ハイルーフ」の2つのボデータイプを設定。
・セミボンネット化したパッケージを生かしながら、ハイエースの最大の特長である「信頼感・力強さ・機能美」を継承・進化させ、快適かつ先進的な空間を想起させる外形スタイルを実現。

インテリア
・用途に応じて、複数の座席および荷室のレイアウトを用意。乗合バス用途の「コミューター」においては、クラス最大の乗車人数17名を設定。
・新たに設定した「ツーリズム」では、快適装備と専用インテリアを採用。
・バンは世界各国のパレットが搭載可能な荷室を確保。
・大型ドアトリムポケットや大型シート下収納等、ドライバーや乗員のニーズに対応し、機能性を高める一方で、人に安心感を与える快適な内装デザインを採用。

走行性能
・環状骨格構造採用による優れたボデー剛性など、TNGAの設計思想に基づくAll Newボデーを採用し、乗り心地、静粛性、安全性能を大きく向上。各国の様々な道路環境においても安心・安全を感じられる高い耐久性と長距離走行でも疲れない快適な室内を実現。
・エンジンは1GD(2.8リッター、ディーゼル)、7GR(3.5リッター、ガソリン)を設定。

安全装備
・Toyota Safety Senseを採用、Euro NCAP 5★相当の性能を実現。

海外専用新型ハイエース主要諸元[現行型との差]


関連記事