K'SPEC NOW

How To

2018年10月13日

ハイラックスに新型モデルが登場!??
ROCCO顔ってなんだ!?

2017年に日本国内でデビューを飾った8代目ハイラックス。4駆ブームを後押しする存在として、今や欠かせない車種の一つです。ところであなたは街中でちょっと雰囲気の異なるハイラックスを見たことありませんか?「なんだか顔つきが違うような……?」。それ、もしかしたら日本未発売の幻の新モデルかもしれませんよ!

 

タイで発表されたROCCOモデル

ハイラックスROCCO

8代目ハイラックスの生産国はタイ王国。実は日本での発売に先立つこと2年前の2015年の5月に、8代目ハイラックスは発表されていたんです。だから正確にはタイから逆輸入されているんです。そして日本でハイラックスが発表された2017年9月。そのほんの少し後に新モデルが投入されたんです。それがROCCOモデル。

 

顔つきがさらにたくましく!

ハイラックスROCCO

いわゆるROCCO顔と言われるフロントフェイス。一目で分かるように顔つきを大幅に刷新。バンパーはもちろん、グリルやフォグポケットの形状も変更。踏ん張り感のある力強い印象になりましたよね。バンパー形状の変更に伴い、フロントフェンダーも新しくなりました。

 

比べてみると一目瞭然

 

ハイラックスROCCO比較

 

左がROCCOモデルで、右が現在日本で発売されているモデル。こうしてみると印象が全然違いますよね。ROCCOのほうがイカツい!

 

日本で手に入れるには?

さて、ROCCOモデルを気に入ったあなた。「僕、私も乗りたい!」と思いますよね。方法はあります。まずは個人輸入で手に入れる。費用と時間はかかりますが確実に手に入れられると思います。もっと簡単な方法はフェイスリフトキットを使って、顔面移植するという手段です。日本国内の複数のメーカーがリリースしているので、調べてみると情報が手に入りますよ。今のところはその手段が最善しれません。


関連記事