K'SPEC NOW

How To

2018年07月21日

窓ガラスにヒビが!?
交換?補修?走っても大丈夫?

ある日の朝、いつものように車に乗ろうとしたら、「フロントガラスにヒビが入っている!!」と仰天した経験はありますか?あまり遭遇しないケースだとは思いますが、編集部は走行中にフロントガラスのヒビに気づいてしまったんです。タイヤの空気圧低下といい、よくトラブルに見舞われますね笑その日は目的地までゆっくり走行し事なきを得ましたが、フロントガラスのヒビは早めの修理が肝心。知っている方も知らない方も、対処法を確認しておきましょう。

日に日にヒビが広がっている!なんで?

ヒビメイン

・走行中の振動
・急激な温度変化

走行中の振動はもちろんですが、乗らずに放置していてもヒビは自然と広がっていきます。例えば、日差しによってガラスが温められた状態で洗車しようと水をかけると、ヒビが広がってしまう危険があります。

フロントガラスにヒビが入っていたら車検に通らない?

ヒビ車検

基本的に車検には通りません。1センチ未満のヒビであれば大丈夫と言われますが、定規で正確に測るわけではありませんので、ほぼNGと考えた方が良さそうです。

修理するにはフロントガラスまるごと交換しなくちゃダメ?

ヒビ交換

こちらも大きさが関係してきます。小さなヒビであればご自分で修復することも可能です。ホームセンターに行けば、補習キットがたくさん売っています。しかし、それも数ミリ程度の話。1センチを越えるようなヒビは、専門店で全交換するのがオススメです。中途半端にDIYで修復してしまうと、見た目が悪くなるだけであればまだしも、衝撃によって新たなヒビを呼び込んでしまいます。

交換費用っていくらぐらい?

ヒビお金

車種によりますが、一般的なコンパクトカータイプで2万円から10万円程度。幅が広いのは安価な外国製のものから、メーカー純正、さらに社外メーカーの高級品までたくさんの種類があるからです。
外国製の粗悪なものは曇ってしまったり衝撃にも弱いそうなので、メーカー純正品を選ぶのが◎。

 

いかがでしたか?いまフロントガラスにヒビが入っている、という方がもしいたら、お早めにリペア専門店へ相談しましょう!


タグ:

関連記事