K'SPEC NOW

Topics

2018年06月05日

期待のN-VANのデザイン大公開
異なる3つのフェイスをラインナップ

“日本のワークスタイルを変える、軽バンの新しいかたち”をコンセプトに、もう間も無く発売を迎えるN-VAN。すでにティザーサイトが立ち上がっていましたが、この度、ついに内外装のデザインも公開されました。果たしてどのような外観、内観なのか、じっくりみていきましょう。

 

外観デザインは3タイプ設定!

G・L

仕事がもっと便利で楽しいものになれば・・・。プロの道具としての機能性を追求したベーシックモデルのGと、便利な装備を追加し、機能美を磨いたスタンダードモデルのL。このGとLは基本的なデザインは共通で、ワークカー然とした無駄のないスタイルが特徴です。


 

+STYLE FUN

仕事だけでなく、休日はレジャーの相棒にもなってほしい。そんな普段使いも想定したのが、この+STYLE FUN。フレンドリーな丸目ライトがトレードマークで、グリルはツートン、バンパーもフォグ内臓と、カジュアルな見た目となっています。ドレスアップするならアウトドア使用を想定して、ブロックタイヤを履いてリフトアップしてみても似合いそうですね。

 


 

+STYLE COOL

メッキのグリルが存在を主張するのは、+STYLE COOL。ルーフもGやL、+STYLE FUNより低められており、より乗用車然とした佇まいが特徴。商用車感はほとんどなく、これならローダウンスタイルも決まりそうな感じがしますね。

 


 

 

室内は積みやすくて大容量!

助手席側のセンターピラーをなくした、軽バン初のピラーレス仕様を採用。テールゲートと合わせて2つの動線を使えることで、積み下ろしの効率が劇的に変わります。また、簡単操作でリアシートだけでなく助手席もフラットにできるダイブダウン機構を採用しているので、仕事で使う脚立や工具だけでなく、趣味のサーフボードなども楽々搭載できてしまいそうです。ちなみに、最大積載量は350キログラムで、段ボール箱なら71個分も、ビールケースなら40個も積めるそうです。


 

 

いかがでしたか。基本性能がとても高いNシリーズだけに、今から登場が楽しみですね。
http://www.honda.co.jp/N-VAN/new/

 


タグ: ,

関連記事