K'SPEC NOW

Development

2018年04月14日

「Nボックスカスタム後期用エアロ」が間もなくデビュー

ケースペックから「Nボックスカスタム後期用エアロ」が間もなくデビュー。本日はそんな気になる新作に迫ります!

ケースペックが展開している軽自動車ブランドがリンクスワークス。スポーティなスタイルがウリの人気ブランドだ。そんなリンクスワークスの次なる新作はNボックスカスタム後期用。今人気の車種用とあって、これまた大きな話題になりそうな予感。

 

 

手掛けたパーツは2点。フロントリップスポイラーとフロントグリル。まず、フロントリップスポイラーの特徴は、純正のボディ形状を生かした自然なデザインがポイント。サイドをカナード風に少しだけ立ち上げ、アクセントをつけているのも◎。

「ガンガンではなく、サラッとしたスポーティ感が手に入る感じ。違和感の無さにもこだわりました」とむーさん。

そして、フロントグリル。純正はメッキメッキしていて、実に主張が強い。それを嫌がっている人は結構多い。「リンクスワークスのフロントグリルは、そこに目をつけました。シンプルに渋くがテーマ。細めの横フィン形状にして、メッキモールで高級感もプラスしてみました」とむーさん。フロントグリルの中央は、軽く摘んだようなカタチになっており、それによって陰影が楽しめるのも魅力だ。

新作の「フロントリップスポイラー」と「フロントグリル」のリリースは4月末。Nボックスカスタム後期のオーナーは要注目だ。


タグ:

関連記事