K'SPEC NOW

Topics

2018年03月16日

ジュネーブモーターショー発!! 注目の国産車5選

現在、海の向こうで絶賛開催中のジュネーブモーターショー2018。ここ数日、ワールドプレミアとなった新型コンセプト車のニュースで賑わっていますよね。そこで改めて、いずれは日本でも発売されるであろうことが予想される、世界初公開の日本車だけをダイジェストでお届けします。

 

トヨタ・GR Supra Racing Concept

数年前から新型が噂されていたスープラ。そのコンセプトモデルがコチラ。モータースポーツの世界でも確かな足跡を残したクルマだけに、ジュネーブショーではGRのスタディモデルとして登場。そのため足まわりや見た目のディテールはレーシングカーさながらの出で立ちとなっています。果たして本当に市販化を迎えるのか!?  なおGR Supra Racing Concept、人気ゲームソフトの「グランツーリスモSPORT」に4月のアップデートで新モデルとして追加されるそうです。

 

 

トヨタ・オーリス

日本ではあまり目にすることはないオーリスですが、ハッチバッグの需要が多いヨーロッパでは人気の一台。ピラーから上部がブラックアウトされたツートンカラーはとてもオシャレです。さらに、エンジンも注目。1.8リッターまたは2.0リッターの新型ハイブリッドシステムが搭載されるとのこと。日本でのハッチバッグ復権の起爆剤となるか!?

 

 

ホンダ・CR-V

日本でのライトクロカンの火付け役となったCR-Vの5代目。エクストレイルやCX-8に続き、いよいよ3列シート仕様をラインナップするなど、ユーティリティ性能を大幅にアップ。見た目は最近のホンダ車の流れを受け継いでおり、ヴェゼルの兄貴分といった感じ。世界的にも活況のSUV市場、日本でも注目の一台になりそうですね。

Honda to unveil the all-new CR-V at the Geneva Motor Show

 

レクサス・UX

すでにKスペックNOWでもお伝え済みの、レクサスSUVの末弟です。LX、RX、NXときて、UX。クリエイティブアーバンエクスプローラーがコンセプトで、確かにカチカチっとしたシルエットは都会的! サイズ的にも扱いやすそうで、これは売れそうですね。

 

 

マツダ・MAZDA6

日本ではアテンザの名前で発売されているマツダ6のワゴンが、マイナーチェンジ。エクステリア現行とほぼ変わらないものの、最新の先進運転支援システム・ADASを搭載。セダン仕様と合わせて、マツダのフラッグシップモデルに相応しい一台に仕上がっているようです。

 

 

以上、ジュネーブショー2018に見る、国産注目車5選でした。世界的ブームの影響でSUVやワゴンといった、ライフスタイルアピールしやすいモデルが多いかな〜という感じですが、個人的にはスープラの登場は嬉しい限り。乗る乗らない(買える買えない)は別にして、やっぱりスポーツカーはワクワクさせてくれますよね!


関連記事